ひとり言

Home
Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/05/28
アジフライ。

Category :  ミニチュアフード
tag : 
アジフライ。
アジフライ2
出来上がって気付いたんだけど、
左のアジは、腹から開いておりました。

ビールを片手にザクザク言わせながら
食べたいです。

まだお昼なのに、
もう、夜の晩酌の事ばかり考えています。
スポンサーサイト
Category :  ミニチュアフード
tag : 
デニッシュ。
生地に対してバナナが大きいように思われますが、
これは、「ジャイアントキングバナナ」という品種でして、
火星あたりから輸入してきました。
デニッシュ
以前作ったデニッシュ。
子供が作った紙粘土細工に見えるでしょうが、
これは、火星ではポピュラーなデニッシュの形なんです。
本当です、嘘じゃないです。
あ。
言い忘れてましたけど、ワタシ、火星カラ来タ、火星人ナンデスヨ。ホントダヨ~。
10 デニッシュ

2015/05/27
クロギ。

Category :  ミニチュアフード
tag : 
クロワッサンをたくさん作りました。
クロワッサン2
甘いミニクロワッサンになりました。
思っていたのとは違うけれど。
テカリをつけたら急激に甘い感じになってしまいました。

以前作ったクロワッサン。
6 クロワッサン
色付けの時に並べてたら、
チョロギに見えて気持ち悪くて仕方なかった。
もしくは、幼虫。
クロワッサン
今日の「題」は、
クロワッサンとチョロギをかけて
上手いこと言いたかったんだけど、
宮崎県によくいる苗字みたいになっちゃって、
自分で「誰?」ってなっちゃいました。
Category :  ミニチュアフード
tag : 
久しぶりにミニチュアフードを作りました。
一年くらい放っておいたら
粘土、カチカチになってました。

ああ、もったいない。

カレーパン。
カレーパン3
最初に作ったカレーパン。
カレーパン (2)
今見ると、巨大な蛭に襲われたダースベイダーが
ワタシを恨みながら死にゆく様のように見えます。

こんなホラーなものを作っておいて
ホクホクしていたんだー、と思うと
ちょっと狂気すら感じます。


随分成長したとは思いますが、
こうして写真にすると、なんか自分で納得いきません。
美容院の鏡ではいい感じだったのに
家に帰るとなんか違う、
あのカンジに似ています。
まぁ、いいか。
少なくとも、蛭よりは成長した。

揚げ衣は砂絵用の砂に色をつけました。

ミニチュアの本を買って
作り方を習ったのが大きかったですね。

衣つながりでもう一つ。
牡蠣フライ。
牡蠣フライ
衣が少し大きくて
食べたら歯茎に刺さりそう。
Category :  兄の生態
tag : 
人のふり見て、わがふり直せ。
昨日、それを痛感しました。

自分が嵌った映画。
のめり込んでいる本。
胸熱な展開に、自分を抑えきれなくなって
ファミリーの面々に
今、読んでいる途中の本を置いてまで
「これ、チョー面白い!」
って、押し売りを始める癖があります。

分かってます、分かってます。
全く関係ない話を、いきなり興奮度MAXで語られても
面倒くさい顔になることを。

それでも、
「へぇ~、そんなに面白いんだ。楽しそうだね」

例え、社交辞令でもいい。
そんな風にちょっとは私に興味を持ってくれてもいいじゃないか。

私が口を開くと、
「あー、また始まった。
 話長いから、聞きたくなーい」
って、耳栓すんなや。

私の話に、上から被せるように
そんな風に言って
話し始めても、PCの画面に目を向けたまま
相槌の一つも、打ちゃしねぇ。

お前らには、一生、話をしないんだからなぁぁぁ!

って、喚くを、何万回と繰り返してきましたが。

今まで、話したいばっかりなのは私のほうでしたが、
初めて、逆転の立場になりました。


今まで全く本を読まなかった兄(14歳)が、
朝読書のために、私の本棚からこれを選んできました。
i-jisu.jpg
ハードカバーは辞書サイズ。
しかも、文字は小さいし、二段やぞ。
この間まで、ライトノベルしか読んでなかったのに
ハードル上げすぎじゃね?
というか、好きな子が、読書家なのか?

「もんげ~(←妖怪ウォッチの影響)でかい本を、
 学校にもっていって、
 友達に「もんげ~」って笑いをとりたい」

そんな理由で読み始めた本でしたが。

帰ってくるなり
「これ、チョー面白いじゃん!
 (もんげ~、って言うのを忘れておる)
 めっちゃ、嵌ったんですけど」

と言って、受験生なのに
勉強もせずに、読み込み始めました。

聞けば、これを教室で開いていたら
「お前、ハリーポッター読んでんのかと思ったー!」
「ギャハハハ」
という、想像したようなリアクション以外にも、

「あー。これお前読んでんの?
 俺も読もうと思ったんだけどさ、
 ブ厚すぎて、断念したわ」

とか、食いついてくれた人が想像以上に多かったから
嬉しくなって、というのが、理由みたいでした。

ただ、その嵌り方が、相当うっとおしくて。

「辺野古ディストラクション、ってこれの事かー」
「ヤバイ、チョー話が乗ってきた」
「辺野古ディストラクション、やべぇわ」
「胸アツの展開!」
「辺野古ディストラクション、ネットで調べてみよう」

お前、『辺野古ディストラクション』って
言いたいだけだろう。

あああ。ウザいなぁ。
私、こんなんだったんだ。

子供は知らぬ間に、親のマネをすると聞くけど
ホント、恥ずかしい。
自分の寒い姿を見せられているようでした。

途中で、私の感想を求めてくるのだけれど
そんな昔に読んだ本、覚えてねー。

ただ、すごいどんでん返しがあったことは覚えていて、

兄はだいたい、ネタバレとか、本の最後をまず読んで
犯人や流れを知ったうえで読むのがオレ流、とか普段言っているので、

「今、北朝鮮の工作員が…」
と、言っていたので、
「あ。それ、工作員じゃないっす」
って、ネタバレしたら、
もんのすごい、怒られた。

ネタバレ上等、じゃなかったの???

「俺の楽しみが奪われたぁぁ。
 もう、お母さんは、喋るな」

って、言われました。

結局、どちらにせよ、
私、本について
喋っちゃだめなのかよ。

2014/07/03
泥棒ひげ。

Category :  弟の生態
tag : 
弟4歳が、昼寝から帰ってきません。

夕食時に起こしても起こしても、
あちらの世界に行ったまま
戻ることはありませんでした。昨夜。

よっぽど疲れたのか、
具合が悪いのか。
それとも、その前の晩の夜更かしのせいでしょうか。

夜更かしのせいでしょうね。

と、言うわけで、
このままもう、朝まで寝かせておくか、となっていたのですが。

深夜二時。
そろそろ私も寝ようかな、と思っていた頃に
「おはようございます」
と、むっくり起き上がってしまいました。

完璧に目が覚めたご様子。

あわわわ。

まだ、夜中ですよ。

げっそりした顔で
「お腹が空いたけど、ごはん食べちゃだめよねー?」
と、聞いてくるので、
(げっそり顔で、上目使いに)

「ちちちょっとだけだぞ」

と、言って、塩むすびと、夕べの残りのなすと豚のみそ炒めをほんの一握りお皿にいれて
ただ今、食している最中でございます。

あ~あ。
変な時間に飯食わしているなぁ、と
ちょっと罪悪感であります。

さっき、水を飲んでから、自分の顔を指さして、
「見て、見て」
と、アピールしてきました。

牛乳のんだら、口の周りにひげができるじゃないですか。
「泥棒ひげ」みたいなやつが。

それを、水を飲んだ時に、
鏡を見ていないけれど、ついている気がしたんでしょうね。
口の周りの水分が、ひげっぽくなってね? って。

牛乳は白くなって、「泥棒ひげ」になるけれど。

水は、白くならないって、分かっているから
「泥棒ひげ」じゃなくって、ええっと…。

「おかあさん、見て、見て。
 水どろぼう


おい。
「髭」はどこへ行った。


Category :  未分類
tag : 
家計簿を付けるのが趣味だったりするのですが。

もう、ここ7~8年続けていると、
見えてくるものがありまして。
購入したもの全てを記入しているものですから、

「あぁ、四年前は、よくスーパー銭湯に行ったなぁ」

とか、

「惣菜の骨なしチキンにはまってたなぁ」

などの、だからどうなの、という情報が手に入ったりするのですが。

(ちなみに、ここ数か月のブームは
 厚揚げでした。
 今まで買ってなかったのに急速に消費しているようです。
 ホント、だから、どうなんだ、って話なのですが)

こういうのを、マイ・ブーム、って呼んだらいいんじゃない?

え? 

「マイ・ブーム」なんて言い方、懐かしい…?

おっかしいなぁ、
私は今初めてその言葉、閃いたんだけど。
どっかでパクられたのかしら?

ちなみに、弟(4歳)のマイ・ブームは
「おねしょ」です。

この洗濯物の乾かない時期に。

腹いせに、骨なしチキンを、
一口もやらずに、食べてしまうぞ、目の前で。馬鹿者が。

丸洗い出来ないマットレスにまで染み渡るような壮大なおねしょをした時は、
ファブリーズを吹きかけるのですが。

なにせ、マイ・ブームな訳ですから、
もう、慣れちゃって
おねしょを自覚したら
すぐに自分でファブリーズを取りに来て
自分で「シュッ、シュッ」
と、してしまう訳なのです。

お尻丸出しのまま、後処理をしている姿に
ちょっと、叱りすぎたかと罪悪感すら感じて咽び泣いては、
夜ごと繰り返される夜尿に説教する繰り返しでしたが。

昨晩、父親と二階に上がって寝ていたはずが、
トン、トン、と階段を降りてきまして。

気付いたら、ファブリーズをふりかけた後で
納めに戻ってくるところでした。

「おねしょ、しちゃったの?」

と、問いかけると、彼は静かに首を振り。

「いや、おねしょしたから、それ、使ったんでしょ。」

と、問い詰めたら。

「ううん。
 父ちゃんが、寝てて、汗、かいてて。
 ほら、これ(枕カバー)べっちゃんこ。
(洗って、と洗濯機へ放り込む)
 父ちゃんの頭に、
 ファブリーズしてきた」

だって。

「ちょっと、匂ったから…」

加齢臭!!!

に、切なさを感じ。

「匂うから、処理しとこうね!」

の、優しさに触れ、両肩を抱えて泣き。

明日、兄ちゃんに内緒で
Lチキ、買うちゃる~!

って、なりました。


Category :  兄の生態
tag : 
帰るコール。

育った家では、父は決まった時間に帰宅していたので
馴染みはなかったのですが。

結婚して、毎日、
「今から帰ります」
と、電話をくれるのが新鮮でした。

最初はね。

まぁ、パスタとか茹でるのに、
時間を逆算すれば、頃合いのを
提供できる、というのもありますが。

新婚の頃こそ、「アツアツのごはんで待ってます」的な意味合いだったのですが。

ここしばらくは、
試合終了の笛ですよ。
警報っていうカンジですよ。

だらけたリビングが、
ドリフの場面転換のように
見事に変わります。

見ていたDVDの処理。
食べていたつまみの処理。
ちょっとお先に飲んでいたビールの処理。

最近では、聴覚まで進化してきて、

「帰ってきた!」

と、ダッシュしてしばらくしてから
帰ってくるそのタイミングに
兄(14歳)が、

「コウモリみてぇだ…」

と、感嘆の声をあげました。

危機管理能力を鍛えよ。
感覚を研ぎ澄ませ。

そんな事を得意顔で言いましたっけね。

兄(14歳)も、いよいよ受験生。

全く勉強せず、
あまりの不甲斐なさに、担任から
「お母さんも、この子には、少し監視をつけたほうがいいですよ」
と、進言される始末。

よっぽどの事がなければ、言わないでしょう、
勉強してるか、監視(という言葉を使った)しろなんて。

勉強しようとすると、眠くなるらしい。
授業中でもそうなんです~、って
三者面談の時に、しれ~っと言っちゃうくらいだもんね。
思わず、担任の前にも関わらず、
「アホかーーーー!」
って、取り乱しました。

と、言うことで、
勉強しているか、
抜きうちチェックをするようになりました。

確かに、感覚を研ぎ澄ませ、とは、いいましたよ。

でも。
ここで発揮するのか、と、
ちょっと愕然としましたよ。

完璧に、勉強していましたスタイル。


私には、「帰るコール」が、警笛であるように
兄には、私がこっそり上がる階段の軋みがそれなのでしょう。

コウモリのように、聴覚を研ぎ澄ましたのでしょう。

けれど、分るのです。

詐欺師が、詐欺の手口を見抜けるように。

本棚に並べられた「銀魂」の42巻から、47巻が
ごっそり抜けおちておるのだよ。


聴覚研ぎ澄ませ、とか言っちゃったけど、
撤回。
それを使っていいのは、
この家では、私だけ。

わかったか!

2014/04/02
ヨトウムシ

Category :  日記
tag : 
夜更かしが好きな私を
母はよく、「ヨトウムシ」と呼んでいた。

勝手に「夜灯虫」だと思い込んでいた。

「本の虫」の親戚だと、思い込んでいた。


灯りをともして
もっさり起きている様子を思いながらの
母の造語だと思っていた。

あんたは、本当に、ヨトウムシだね~。
あんたは、本当に、ヨトウムシだね~。

呆れてるけど、でも、愛情込めて、
私の事をそう、呼んでいるのだと思っていた。

私が兄(14歳)のことを、「野球バカ」と呼ぶように。
私が弟(4歳)を、「バキューム」(残り飯を全て喰らう)と呼ぶように。

ところが、先日、本当にヨトウムシが存在していることを知ってしまった。

ヨトウムシ(夜盗虫)
  ↓
ヨトウムシ

母は農家のムスメである。

夜盗虫は害虫であることを、当然知っている。

今、非常に複雑な気持ちでいる。

2014/02/14
得意分野。

Category :  日記
tag : 
ふうぅ。

疲れた。
疲れたけど、何、この充実感。

さっきまで、中学の国語の文法を
復習してました。

去年の今頃は、中1数学を必死こいて解いてました。

あんなに勉強が苦痛だったのに、
学ぶことがこんなに楽しいなんて!

まぁ、要は「ヒマ」だからなんですけどね。

ヒマを持て余したら、人は勉強したくなるのでしょうか。

いつもギリギリになって「告白」してくる兄(14歳)ですが。

今回も
「国語の文法が全く解らん」
と、期末試験前に、言ってきました。

数学は、参考書を前に、もんどりうっていた私たちですが。

国語!
しかも、文法!

国家に背いてまで、自分の信念を貫こうとした工作員が
絶体絶命のピンチに陥った時に
救世主のように現れる情報屋のように
親指を立てて

「任せな」

と、言いましたよ。

高卒の私が(しかも、頭の中のレベルは中卒)
唯一、得意とする科目。

いいか。
耳をかっぽじって聞け。

中2の頃、
50点満点で、クラスの平均が10点とかだったのに
私は48点をとったくらいなのだよ。
100点満点でいえば、99点!
(厳密に言えば96点だけど、ここは雰囲気で行きましょうよ)
私の人生で誇れるのは、「ここしかない」と言ってもいいでしょう。

しかも相手(息子)は
「文節に区切る方法は知ってる。
 間に、「ネ」を挟むんでしょ」
というレヴェル!
後は、さっぱりわからなくなったから寝てた、
というレヴェル!

イケル!
私が人生で得意になれる場所は
ここにおいてほかない。

さぁ、今こそ、輝く時(私が)だ!

と、言うわけで、
くもん出版の参考書を引っ張り出して
読み解いてきました。

数学の問題を解いていた去年とは
歴然の差!

チョー解る!

これなら、解る!

不敵な笑いが、腹の底からわきあがります。

週末、私は教師になります。

人にものを教えるって、結構快感ですね。

教師なんて、どうしてなろうと思ったんだろう。
モンスターペアレンツとか、
学級崩壊とか大変そうなのに。

って、思っていたけれど。

何か今、教師になろうとした人の気持ちが
分かったような気がします。

あなたの分からない、を、解る! に変える。

自分が、「いい人」になったような錯覚を覚えます。

単語の自立語と付属語が解るか?
自立語だけだと、カタコト日本語だ。
「アナタ、ウチ、カエル。」
「ヒカリ、ミエタ~。ホントヨ~」(ガンダム00 劇場版)
おぉぉぉーーー!(心の声)そしてご満悦の私の顔。
 

子供にも、すり寄って行きますよ~。

固有名詞の例題に
「初音ミク」(これを言えば、コドモは受けんだろ)的な事の上を行きますよ~。

「アクセラレータ」も、固有名詞よ

って、さらりと言う予定。

つうか、結構そこに重点置いているので

「ふ~ん」

って、流されたら、きっとオタオタする。
そして、

「結局、よくわからなかった」

って、言われたら、
私の輝かしい部分、全部、消し飛ぶ。

書いていて、不安になりました。
月曜日、私、消し炭になるかも。
プロフィール

ピヨ

Author:ピヨ
クリスマスプレゼントが髭剃りだった長男(14歳)と、
貫禄ありすぎて年長に間違われる年少の次男(4歳)と、IKKOに似てる、とネタにしてたはずなのに、正月姪っ子にマジで「IKKO」みたいって言われてへこんでいるマミィの日記だべ。

(c) kihiro

着グルマー★点取り占い
双子ママ点取り占い
双子点取り反面コラボ
日田んもん点取り占い
最近の記事
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー

リンク
今日のひとコマ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。