ひとり言

Home  >  2007/10
Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  日記
tag : 
先週末、広島城近辺で催された「フードフェスタ」へ行ってきた。
アタシの仕事が終わるのを待っての参加。
全員、腹ペコだ。

バスがその停留所に着くなり、ドアを開けてもないのに香しいスモークが鼻を刺激。

まずはビールやろ。

ビール片手に辺りを物色。
けれど、どこも行列だ。
効率よく食い物getするため、2チームに別れて並ぶ事にする。
坊主、
「俺と母ちゃんが組むと、大抵いいことがあるぜ」
ってアタシチームに参加。
アタシ、坊主の言いなりだからね。
父ちゃんみたいに「駄目、ダメ!」って言わないからね。
スマヌ、ダンナ。
財布の紐握っている、母ちゃんに軍パイが上がったよ。
フードフェスタ

この時間になると、値下げする店が出てくる。
そこが狙い目なのです。

昨年もあったポケモンショーに間に合わせる為、急いで消費。
ダンナ、いつの間にか焼酎に切り替わってマシタ。
あまりの人の多さに「肩車してやろうか」とダンナが焼酎をアタシに手渡したとき、
坊主が身軽にステージ前へダッシュ。
それを追いかけていくと、坊主の同級生に遭遇して、
アタシはダンナの焼酎握ったまま、そのお母様と談笑することに。

仕方なかったんですヨ。
ダンナは生き別れになっちゃったし、
手には焼酎があったから。
ご馳走様です。
ポケモンショーの30分の間に飲み干してしまいました。

それが終わると護国神社方面へ移動。
5時までで終了だったから、後半は叩き売り状態。
いか天売りのお姉さん、持ち帰りようの袋がなくなって
「袋、いらないですよ」
といったら、1本おまけしてくれました。
うどんも1杯100円。
数分後に50円になりました。
(但し、きつね、売り切れの為、素うどんでした)
学食より安いぜ!

ビール1杯400円は、高いな~。
来年、クーラーバッグに缶ビール詰めて参加したら、
非難ゴウゴウ?
スポンサーサイト

2007/10/29
指示代名詞。

Category :  日記
tag : 
職場での事。

バックルームから出ようとしたアタシに、
Mさんがついでの用事を頼もうと声を掛けてきた。

「ねぇ、あっち(パン売り場)通る?」
「通りますよ。」
「これ(POP・値段が書いてある販促物)持って行ってつけてくれる?」
「いいですよ」
「ホラ、あそこ、・・・あの・・・、あそこよ・・・。」

手が空中で四角を描いている。
多分、それを設置する場所を教えようとしているのだろう。

「あそこ・・・、ホラ、あのえーっと、アレがある場所の隣・・・。」
「平台!」
「違う、あそこ・・・、あの・・・」
「パン売り場の下段!」
「違う。(手の動きは加速するのだが、言葉がついてこないらしい)」
「四角・・・、四角・・・。突き出しの籠か!」
「違う!」

連想ゲームだな、というと、
「うぅん、違うぅ~」と、甘えた声で言う。気色悪いなぁ、もう。

なんとか答えを引き出して、行って戻ってくると、
今度は筋肉ミチコがいつものようにぷりぷり怒りながら声を掛ける。
 
 *ちなみにミチコは、この怒った口調が、通常モードである。
   最初の頃は、なんで起こってんのだろう、とビクビクしていたものだ。
   常に人に対して攻撃的な、女ソルジャーなのだ。

「ねぇ、値段チェックしたこのPOP、忘れて行ったでしょ!」
「エヘヘ、それを取りに戻ってきたの」
「全く、もう、『あー、忘れてる、と思ったから、・・・アレ?』」
ミチコの様子がおかしい。
「さっきここで見つけて、渡そうと思って手にとって・・・、アレ、アタシ何処にやったんだろ?」

辺りを探し回るミチコの手には、
しっかりとその探し物が握られている事に、
しばらくして気が付いたけれど、
手にしていながら、半ばキレかけて
必死に探すミチコが面白かったので、
しばらく放置。

今日は人の事見て笑えたけれど、
ホント、最近言葉が出なくなったし、
ボケてる事が多い。
  (一度、ダンナ本人に向かって
   『○○くんを起こしてきて!』
   と、叫んだ事もあるが、あれは単なる寝ボケですね)


そのうち、会話の大半が、指示代名詞で占められる日も近いのでしょうね。
っていうか、もうすでに、そうかもしれません。
ヤバイ、ヤバイ。
「引き出し」っていう単語が出ないんだもんね。

2007/10/26
リング

Category :  兄の生態
tag : 
学校から帰って来て、5分位したら
「ピンポーン」

同じクラスの女の子が
「さんすうノート、間違えて持って帰っちゃったから」
と、わざわざ持って来てくれた。

「ありがとね~。気をつけてお帰りよ~。」

その数分後。

「あっ。俺、友達のさんすうノート、持ってかえってきちゃった!
 ちょっと今から持って行ってくるわ」

何かのゲームっすか?

・・・・・・その子も、他の子のさんすうノートを持って帰っていて
そのまた次の子も・・・。
そして最終的に坊主に持ってきてくれた女の子に辿り着いたりして。
Category :  日記
tag : 
昨日学校から帰って来て、
「今日、友達の誕生日会に行ってもいい?」
と、聞いてきた。

お誕生日会。

それはケーキが出たり、サンドイッチが出たり、プレゼント交換をしたりするあの「会」の事ですかな?

今日、今から、やろ?
坊主、プレゼントも用意してないじゃんか。

きっと仲良しママたちが「お互いしましょうね」と約束しあって
催されるのだろ、アタシそんな友達いないし、坊主、場違いじゃないのか?と勝手に思って、

「う~ん・・・。」

という返事をしてしまった。

「じゃ、俺、行かない」
とアタシの言葉を受けて、言った目に涙が滲んでいたから
「プレゼントとか、ないけど、行ってみる?」
と、途中のコンビニで菓子の一つでも買ってお行き、と小銭を持たせた。


5時過ぎ。
「ただいま~!」
と、帰ってくる声が興奮してたよ。

「楽しかった!
特にプログラム3.4番の「ホラーハウス」が一番楽しかった!」

プププログラム!?
それはどんな誕生日会だったのだ!?


ゆっくり話を聞きながら、理解した。
それはアタシが妄想した
仲良しママ同士のゴージャスお誕生日会とは
かなりかけ離れたものだったようです。

まず、誕生日本人の家で行われなかった点。
そのプログラムも、自分達が昼休みに作成した点。

 プログラム1番:誕生日のウタを歌う。
       2番:みんなでおめでとう! と言う。
       3・4番:ホラーハウス(自分達でおばけやしきみたいに、部屋の中で騒ぐ)
         何故、3・4番と繋がっているのかは謎。
       5番:外で鬼ごっこ。
       6・7番:何かの遊び(忘れた)
       8番:皆が持ってきたお菓子を分けて食べる。
          しかも、全員が持ってきたわけではなかった様子。
          坊主、近くのコンビニでポテトチップスを購入。
       9番:もう一度、誕生日のウタを歌う。

飾りも自分達で昼休憩に作ったらしい。

オマエ!

いい友達を持ったなぁ!

ママたちの馴れ合いのごっこ遊びのような誕生日会じゃなくて、
(カナリ偏見が入ってます)
自分達で、その子の誕生日を祝ってやろう、なんて、
汚れたアタシには、眩しいよ。
場違いじゃ・・・、なんて思ったりして、ゴメン。

こんな時、子供はいつまでも小さい子じゃないんだ、と思い知らされます。
Category :  THE BACK HORN
tag : 
THE BACK HORN
10/31 広島FM「冨永晃道のVibe ON! MUSIC」17:00-20:00生ゲスト
19:00出演の予定。

くぅぅ・・・。

憎い。
息子の習い事が、憎い。
前回は水泳。
今回はサッカー。

パーソナリティのヒト!
今度はちゃんと話聞いてあげてね。

前回、光舟が
「福山(出身)です」
って言ってんのに、何度もその台詞、言わせてたなぁ。
まぁ、その噛みあわないっぷりが、面白かったといえば、そうなんだけどね。
Category :  兄の生態
tag : 
今日、珍しく掃除をしていたら
天袋(っていうのかな?昔の家によくあった、
押入れの上のミニ押入れ)から
ハラハラ~、っと紙が落ちてきた。

以前坊主とダンナとの間にあった出来事の際、
坊主が投函した手紙が、ここで止まっていた模様。
坊主からの手紙


むむぅ。

感動してやりたいのだが、
それを邪魔する文字が一つ。

よいのか。2年生。
本当に、これで、よいのか。

Category :  日記
tag : 
夜中、一人で静かに過ごしている時、気配を感じることがある。
最初は音も何もない。
ただ単に
「何かいや~な予感」
が走る。

ソレを嫌っている人は、何となくキャッチしてしまうものなのかもしれない。

珍しくピカピカに磨かれたシンクから
針金の先で突いたような音が聞こえる。

コックローチである。

その時はすぐさまゴキジェットを噴射し、
息絶えた奴を窓から「ポイ」した。
(誤解のないように言っておくが、「ポイ」した先は
 我が家の裏庭・通称ホームレスのおっさんが住んでいるかもしれないジャングルである。
 その後、奴の死骸を見かけなかったのは、
 きっとありんこさんたちが運んだからなんだね

と、そんな去年の話を、その音を聞いた時に思い返していた。

何かが違う。
これは、奴ではない。

天井を、何かが走っている。
子供よりも小さな足音。

そんなこと、考えたくない。
考えたくないけど、思えば思うほど、マウスにしか思えない。


その翌日、昼間の事です。
また、その音がする。
今日はトイレからする。
夕べよりも遥かに近くで。
コックローチよりも遥かに大きな存在。

ジャック・バウアーのようにドアを開けたさ。

「出て来い!居るのは解ってる!
 降伏しろ!」

言葉とはうらはらに、カナーリ腰の引けているアタシがそこにいたけど。

トイレと風呂場の壁の間から、その音がしていた。

「カリコリカリコリカリコリカリコリ」

壁食ってんのか!
壁を叩いたら、音が止む。


「どーしよう・・・。ウチにネズミがいるよ」
ダンナに話したら
「ネズミホイホイでも、置くか」
って。

ヤダよ! そんなの捕獲したくないよ!
怖いじゃん!
「でも、ハムスターは平気じゃろ?」

いっそのこと、ミッキーマウスの形態で掴まえたいです。
Category :  日記
tag : 
先週、珍しく父親から電話。

「大山に週末登ろうと思うんだけど、
 宿の予約、インターネットでしてくれんか」

実家のネット環境が悪く、予約出来なかった様子。

「了解しました。そんな事、お安い御用よ!
 で、いつ?」
「22日」
「ラジャー」

で、無事22日に予約が取れたことを、折り返しの電話で報告した。
「22日、残り1部屋だったよ~。でも、無事に取れたからね」
おー、娘よ、ありがとう、の言葉が帰ってくるかな、と当然のように思っていたのですが。

「え? 22日・・・?」

強張る父の声。
アタシはメモを読み直す。

「22日だよね、そう聞いたハズなんだけど・・・。」
「大山に登るのが、22日。
 泊まるのは21日なんだけど。」



どうして宿を予約するのに、登る日を言ってくるのでしょう。
さすが、過酷な訓練の後の集合写真で、皆疲れた顔で映っているのに
一人だけ銃を手にしてニコニコ笑っていただけのことはあるぜ!

結局、ネットで予約した宿をアタシがキャンセルして、
父は直接電話で21日を押さえたようだった。

全く、イラク戦争の時、自分が補給船に乗れなくて密かに悔しがっていた人の考えている事は解らんわ。

と、まぁ、仕様のない人だなぁ、と思っていたら、

「宿に着いたら電話」
「登ったら、電話」
「家に無事辿り着いた電話」

を、アタシ宛に寄越してきた。
普段、酔っ払って人恋しくなった時に、坊主あての電話しか掛けてこなかった人が、である。
多分、母親が掛けさせたのだろうな。

「ピヨが怒っとるよ。
 怒り狂っとるよ。
 電話しとき!」

って。

あぁ、ダンナ子供以外にも、実の両親にまで気を遣わせるアタシって…。
Category :  ダンナのポツリ。
tag : 
「頼む! 500円、くれ!」
給料日前の今週頭、ダンナに拝まれた。

25日に出た小遣いを、月末の時点でパチンコ屋に貯金している事は、奴の自供により把握していた。
週末の買い物に行けば、コッソリ籠の中に1週間分の缶コーヒーをしのばせ、アタシが煙草を買おうと自販機にお金を入れた隙に、自分の煙草のボタンを押したり、
コンビニで支払いしていると、いつの間にか後ろからマイルドセブンを纏め買いする声がして、振り返るとダッシュで逃げていたりと、チョット姑息な手段で生き延びていた様子だが、
それも限界にきていたのだろう。

大のオトナが
「オネガイ!500円!」

泣けてきたで、という話を水産のチーフにした。
「ダンナさん、小遣いいくらなん?」
「3万。ガソリン代は別でね。アタシが弁当作れなかったりすると、
 別請求が来るし、ビデオレンタルだって最初は借りてきてくれてたのに
 今じゃ、レシートまわしてくるからね。」

ふん、ふん、と聞いていたチーフの
その後の衝撃発言にアタシの顔に縦線が入ったよ。
「俺はね、5千円」

ごごご五千円!?

「ガソリン、煙草代は別でね。
 俺、昼メシの時、カップ麺食うじゃん。
 で、一日1杯80円のコーヒー飲むじゃん。
 それだけで、1ヶ月の小遣い、使い切っちゃうよね。
 あ、デリカのチーフも5千円だよ」

コレは帰ってダンナに報告だ!
コレは帰ってダンナに報告だ!
と、アタシは呟いていた。

「500円なんて、俺には大金だよ~。」

そりゃそーだ。小遣いの1割だもんな。

「俺なんか、『頼むから、80円、チョーダイ』って言ってるよ、月末は」

ごめん、泣けてきてこれ以上、話を聞いてられない。

みんなすごいな。頑張ってんな。今朝も財布から500円抜き取っていったダンナを思い出して(弁当を作れなかった)聞かせてやりたいぜ、と涙を拭った。


ただし、コレを言ってしまうと、アタシの首もギュッ、と絞めることになりかねないので、言わないでおこう、と思い直してみたり。

Category :  ダンナのポツリ。
tag : 
年末のマニヘブ参戦について、ダンナの爪楊枝で突くような攻撃を受けている。

(関係ないけど、白装束のパナウェーブのエライ人、失禁攻撃受けているって言ってましたね。あの攻撃よりは遥かに軽いです)

毎日ですが、今日も言われました。
話の流れで、
「俺たちが怪我しても、行くか? 」
と聞かれたので、あまりのしつこさにちょっとムカっときていたアタシは、こう返した。

「1番は坊主。
 2番はバックホーン。
 3番がハンバーグで、
 4番がダンナだ」 と。

冗談やんか。
坊主のウケもすこぶる良かったわい。
「ハンバーグに、父さん、負けてる!」

そしたらね。

ダンナ、キレたわ。
キレて、
「もう、給料入れちゃらん!」
と、ぷいっと2階に上がってしまわれた。

だって、あんまりにもしつこかったからサ。
ついつい、言っちゃったサ。
まさか、本当にハンバーグに負けて悔しがっている訳では、ないデショ。

最近仕事のストレスが溜まって、好きなパチンコにも行けず、我慢している30代半ば男の
(「パチンコ行きた~い。でも、我慢するわ。それでもオマエ、ライブ行くんだよね」 
 を繰り返されたこっちもストレス感じてんだじょ。爪楊枝でも、たくさん刺さると痛いじょ)
デリケートな部分をほじくった模様。

今2階のベッドで
「ハンバーグに負けた・・・」
と、枕を涙で濡らしているのでしょうか?

「気が済むなら、パチンコ行くお金、出すよ」
というのだけど、「いや、いい。我慢する」との返事。
かといって、アタシにも我慢しろ、という訳でもなさそうで。
ただ単に、言いたいだけなのでしょう。

ライブには行ってきなよ、その代わりチクチク攻撃の刑は受けてもらうぜ。

そういう事なのでしょうね。

明日ハンバーグ作ったら、ダンナの頭のネジが飛んで耳から煙を吐きそうです。
作ったろうか! ハンバーグ!

2007/10/20
ニアミス。

Category :  日記
tag : 
大抵、アタシがインド人になるときは、坊主の給食もカレーだったりする訳で。

2日目ともなると
朝・カレー
昼・カレー
夜・カレー
そんな日もよくあった。

第一給食メニュー表なんか見ねぇし。
何故か給食メニューと被ることが多い。

カレーの日、坊主にちょっと聞いてみた。
「ねぇ、まさか、今日カレーって事、ナイヨネ」
「うん、今日はカレーじゃなかったよ」

ほっとしていたら、カレーだった翌日が
給食カレーだった。

ふう。
ニアミス。
でも、これはセーフティーゾーン、だよね?
ね、坊主?
Category :  兄の生態
tag : 
1学期に「せいかつ」の授業の一環で、地域の店を訪問する授業があった。
神社や、薬局を訪問して、リポートして、
それを纏めて発表する授業。

坊主が昨日言う。
「また今度、『せいかつ』の授業で、街探検をするよ」

ほう、ほう、またあちこち調べて回るのだな。

「でね、その時に、お弁当がいるんだけど」

今度は大規模な「せいかつ」の授業なんだね。

「そう、そう。
 でね、その日は1時間目から5時間目まで時間割が『せいかつ』になるんだよ」

眉間に皺を寄せ、確認する。
「何処に行くのよ?」

「動物園か、交通公園!」

ボーヤ。
それは遠足だろーがよ。

2007/10/20
ガンダム

Category :  日記
tag : 
先程、自首してきました。

犯罪を隠し通せる自信はありました。
このまま逃げ通せることも出来たでしょう。
黙っていれば、気付かれる事はないんだ。
けれど、刑事と始終顔を合わせる生活。

そんな毎日に、アタシの中の良くない癖がムズムズしだしました。

「言ってしまいたい。
 話して、楽になりたい。」

犯罪に手を染めてから、一日と経っていませんでした。

それに、キミも観たいでしょ。
懐かしいはずだ。

「gyaoの会員に入っちゃって、ガンダムのパック、買っちゃった」



ダンナの反応は、まるで殺人の告白を聞いてしまったような、リアクション。
唇の端は、ピクピク痙攣を起こしていました。
その顔に、アタシはとんでもない事をしてしまったような後悔を感じました。

「と、取り返しの付かない事を、してしまった・・・。僕は、取り返しの付かない事をしてしまった!」
アムロの口調で言うと、怒りは加速することを知っているのに、
言わずにいられませんでした。
息子が何か言うと「ボーヤ」と言わずにはいられませんでした。

そのくらい、ガッツリここ数日、初代「ガンダム」を見まくっていました。

どっぷりガンダム世代なのに見た事、なかったんです。
いや~、面白い!
40日の期限が切れる11月末まで
リピート、決定!
Category :  日記
tag : 
いい年して、ガンプラ買っちゃった。
ガンダムデュナメス
かーっこいいぜ! ガンダムデュナメス!

ライトセーバー持ったユアン・マクレガーと戦わせようと思ったのに、
何処に仕舞い込んだんだっけな~。

仕方ないのでギロロ伍長と戦わせてみた。
デュナメスVSギロロ

・・・・・・楽しい・・・。
Category :  日記
tag : 
悲しいとき~
     悲しいとき~

1個84円のクリップを、40円で買ってウキウキしてたのに、
ダイソー行ったら、105円・6個で売られているのを発見した時~。
100均の青い鳥

逆だったら、よかったのに・・・。
Category :  日記
tag : 
秋祭りの季節になりました。

近所の神社で、毎年「神楽」を演じてます。
アタシ、結婚するまで「神楽」を全く、知りませんでした。
義理母が好きで、坊主もその影響を受けて、
神楽の笛の音が聞こえると
(近所の誰かがこの時期になると練習している模様)
「祭りのニオイがする」
と、神経を研ぎ澄まして、辺りを窺うのです。

ごはん食べたくらいに出かければ、
最終演目の「ヤマタのオロチ」に間に合うでしょう。

歩いて数分の神社は、人でいっぱい。
ヤマタのオロチ
最前列には子供がいっぱい。

坊主、早速駆け出して行きました。
こっちから見ていたら、坊主、女の子に腕を引かれて最前列へ。
その後も、その女の子、同じクラスの子を見つけたら、腕を引っ張って
最前列へ連れ込んでいた。
「こっち、こっち!」
と、声が聞こえてきそう。
まるでサザエさんに出てくる「花沢さん」のような子だね。

アタシたちは後ろのほうで見ていたのですが、
隣に居たオッサン、その辺でテンション上がっちゃってる子供に
「やかましい!」
と、本気で怒っておりました。
オッサンの神楽を見る目、怖いくらいに真剣でした。

でもね。
お祭りじゃん。
子供も、夜に友達と合うと、テンション上がるじゃん。
そんな腕組みして、コワイ目で睨みつけなくても、いいじゃん。
まるで甲子園出場をかけた試合の監督みたいじゃん。

まぁね。
世の中には、色んな人がいるからね。
怒られた子供たち、ちょっと可哀想だったけど、
「神楽」に命をかけているような人もいるからね。
最前列の坊主らも、立ち上がったりして怒られてたしね。

それが終わると皆、近くのコンビニに流れるんだよね。
そこでお菓子買ってもらったり、オトナはビールやおでん買ったりね。
ちょっと年上の中学生なんかも、今日はその辺座って肉まん食べながら
話をしてたり。

いつもと違う、こんな夜も、いいね。
わくわくするね。
坊主も夜に友達と会えて、テンションが急上昇。


そうそう、広島では今日から「ガンダムOO」が始まったのよ。
EDがバックホーンだから見てたんだけど、
話も面白そうね。
ちょっと嵌りそうだわ。
コンビニにあった「ガンプラ」を、欲しい、と思うくらいに。

ちなみにアタシはガンダム・デュナメスがお気に入り。
スナイパーライフルが、ええね。
しかも、搭乗者の名前が「ロックオン」
そのストレートなネーミングも、またええね。

Category :  日記
tag : 
接客業をしていると、色んな人に出会うのです。

「お客様は神様」なのです。
それは、どの職業でも同じことで。
社会人であれば、イヤな事も、理不尽な事も
まるまるごくん、と飲み込む術を覚えてきてはいるのです。

自画自賛ですが、お客様の気持ちを汲み取って、
「申し訳ございません」
と、その相手の持って行きようのない気持ちを収める事に関しては、
月影千草も
「おそろしい子!」
と、言わしめるくらいの演技力で処理してしまうのですが。

時々、起こる出来事(ヤな客)が、津波のように大群で襲ってくる日がありまして。

もちろん、北島ピヨは、ガラスの仮面を被るのですが。

家に帰って「バリン!」と音を立てて、仮面が壊れるのです。

・・・・・・。

24時間営業であれば、どこかで品出しをする場面に出くわす訳で、
商品の積まれたカートが邪魔だ、と店員に見せ付けるように(直接邪魔とは言わない)足でガンガン蹴つり上げた子持ちの中年の男!!!

これもまた、直接邪魔だ、といわないで、ボソっと「邪魔じゃのう」と、舌打ち付きで言いはなった、子持ちの中年男!!!(さっきとは、別人)

夏から秋の商品に棚替えしたのに、「どうしてチューチューを置かないんだ」と切れた、女!!!

「鳥篭から出してあげようかね~」
と、手を出したら、ガブリッと噛んだうちのインコ!!!

全員、そこに並べーーーー!
歯を食いしばれーーーー!



・・・と、言ってやりたい・・・。

2007/10/11
裸足の軌跡

Category :  THE BACK HORN
tag : 
オフィでも発表してましたね。
KYO-MEI ワンマンツアー 裸足の軌跡
ワンマンツアー4


チケット、GET! するぜ!
マニアックヘブンより後だけど、
マニアックヘブンより前に発注!

いつも「妊娠したら、どうしよう・・・」
と思うけれど、今までそう言っていて、
妊娠したことがあったか?

いや、ないっ!

先行予約の用紙が来たら、
迷わず、ダッシュ!
郵便局へ、ダッシュ!


2007/10/09
写真。

Category :  日記
tag : 
溜まっていた写真をアルバムに整理しようと思って
おそるおそる押入れを開けた。

数ヶ月前に苦労してアルバムには、貼り付けておいたんだ。
今日は、そこへコメントを書く作業。
2歳前後からあるで。
知ってて、思わずのけぞる。

まぁ。
大掃除の時もそうなんだけど。
やっぱり、床にごろーんとしながら鑑賞タイム。

見ていていつも感じる、チョット変な感じ。

アタシの首に巻き付ける腕が、
アタシの記憶の中より、随分と細い事。

向けられたカメラの先のアタシを見てか、
体一杯で「楽しいよ~」と笑いかける。
その笑顔が、アタシの記憶の中より、幼い事。

思い出すのが、楽しく遊んだ思い出よりも、
まず、激しく叱り付けた泣き顔が浮かぶんだよね。
「おかあさん、ごめんなさい」
「おかあさん、コワイ」

アタシ、こんな小さい子に向かって怒ってたのかな。
こんなに小さかったら、友達と仲良く遊べるだけでいいじゃんか、
こんなに小さかったら、主張も通そうとするわい。
それを、成長をせかしたつもりはなかったけど
今より、もっと出来るようになって欲しい、って気持ちがどこかにあったんだろうな。

あぁ。もう1回、育児、やり直してあげたいなぁ。
もっと、もっと遊んであげればよかった。

「今は今しかない。後で後悔しないように、
 しっかり遊ぼう」

知っていたはずなのにな。
心掛けていたはずなのにな。
全然、足りないな。

見ていたら、アタシの撮った写真なんて、この2歳から5歳辺り、
数えるほどしかないよ。
同じように構ってやらなかった気がする。
「後で。もう少し、後になったら、遊んであげるから」
って、アタシ、甘えてたな。
自分ばっかり可愛がってさ。

もし、ダンナが撮っててくれなかったら、
両親が撮っててくれなかったら、
子供の写真なんてアルバムを作るほど、なかったよ。

コワイお母さんに向かって、この笑顔だもんなぁ、参るな。
ケナゲだよ。

アタシの記憶の一方で、こんなイイ顔してたんだなぁ。
忘れてたなぁ。
写真がなかったら、きっと楽しい思い出なんか、
こんなに思い出せなかったかも知れない。

うぅ。もっと抱っこしてあげればよかった。
もっともっと、一緒になって遊んであげたかった。

最近、デジカメという便利なモノを購入して、
パソコンに溜め込んでいる。
今はプリアというものも知った。
無料で月に30枚も現像してくれるのよ。

出来る限り、思い出を残していこうかな。


Category :  THE BACK HORN
tag : 
罠ジャケ

「罠」 THE BACK HORN

ギャーーーー!
いいぞ!
いいじゃんかー!

うぅ。
酒、呑んでグダグダ言っている場合じゃないデス!


Category :  日記
tag : 
世の中と坊主が3連休の中、アタシたち夫婦は3日とも仕事だったので、
坊主は何処へいく予定もなく、一人でお留守番していた。
ま、母ちゃんは昼過ぎには帰ってくるんだケドね。

でも、せっかくの連休、ちょっと不憫に思ったので、
坊主に聞いてみた。

さぁ、さぁ。何処へ行く?

車はないので、チャリ、もしくは公共交通機関(昼過ぎから夕方までに往復出来る距離ダ)

「うーんとね、サイクリング」

坊主はこの春ようやくコロ無しが乗れるようになって、遠出が出来るようになったが、
夏場は暑くてアタシが移動する気になれなかったので
秋にサイクリングに行こうね、と約束していたことを覚えていたのかな。

「広島城の天守閣に登ろう!」

ここから広島城まで、チャリで30分くらい。
途中の道は丁度、川に沿ってサイクリングロードになっている。
昼飯食べずに家を出て、広島城近くのマックで食べて、
天守閣に登るのだ!
「えー、広島城~?」
えー? じゃ、ないっ!
せっかくお城がある街に住んでんだ!
広島市民が広島城に行った事ないって
勿体ないぜ!
というアタシも、初めてだったんですが。

3連休の真ん中の日、
雨も降りそうだったけれど、
チャリ漕いで、マック行って、何か充実感あるな。
坊主も「運動した後に飲むお茶は、やっぱりウマイな」とニコニコ。

広島城は見えているのに、迷って中々辿り着けなかった。
「ココダ!」
って行ったら護国神社。

結局、護国神社の先にあったんだけれど、
神社の前で、
「ひ、広島城は、ドコ?」
と、途方にくれちゃった。
おみくじ
ついでにお参りして、おみくじ引いて。

ようやく辿り着きました。
広島城
天守閣、結構高くて、いい眺め。
坊主、途中の展示品を、一生懸命写真に収めてました。
が、途中で階段の隙間から下を見てしまい、
「怖い」を連発。
上に登っても、へっぴり腰でそぞろ歩き。
中々外を見ようとしないから、
「ホラ、バカ殿もいっつもこんなトコロから望遠鏡で覗いているじゃん」
と、宥めすかしたり。

思ったより、楽しかった広島城。

ただ、坊主が何度も「天守閣」を「通天閣」といい間違えたのが
気になるトコロ。
Category :  兄の生態
tag : 
坊主とダンナが風呂に入っていた。
出て来る頃、坊主の悲鳴が響いてきた。
よくよく聞いてみると、どうやらナメクジを踏んだ模様。
で、二人で揉めている。
坊主、尋常でないくらい、泣き叫んで、パニックになっている。

解説しよう。

坊主はナメクジを踏んで、気持ち悪がり、何度も足を洗おうとするが、
父に「細かい事を気にするな! もうちゃんと洗えた!」と言われ、
ナメクジ踏んだ気持ち悪さと、
解ってもらえなかった気持ちが交錯して
パニックを起こしている。

ダンナは以前から、自分が飲んだコップを
気持ち悪がって使いたがらない坊主の潔癖さに苛立ちを感じている。
今回もその潔癖ぶりに、その出来事を重ね合わせて
「細かい事を気にするな!」
と、怒っている。

   余談ですが、坊主、ベビの頃から、
   食事の最中、口にタレなどがつくと、
   必ず一拭きしてからでないと次が食べられなかった。
   義理父が「あんまり几帳面に育てるからよ」と言ったことを
   アタシは狸のように執念深く覚えている。
   実際は、アタシが口を拭くのは食事後、のみのビッタレ母であった。
   坊主が再々口を拭くのは、逆に拭いてくれないから
   気持ち悪くて拭く、自ずと出た行動、と思われる。
   
あ、脱線しましたね。失礼。

そこでその場で唯一冷静だったアタシが、パニックで泣き叫ぶ坊主を呼び、
「アンタの気持ち悪い、という気持ち、よーく解るよ。
 お母さんも『玉ねぎ落ちてる』って拾ったら、ナメクジだったよ。

(ここで坊主、泣き叫ぶのをやめて、ちょっと笑う。
 よしよし。アタシはそれを見て調子が出てくる。)

 幽霊が怖い、と思っていたら、なんでもない音を聞いても
 びくっとするだろ? それと一緒よ。
 もう、洗ったんでしょ。本当はそれでヌメヌメは取れたはずよ。
 でも、まだ気持ち悪い、と思うのは、
 幽霊の話と同じ。気持ちの持ちようで、違うのよ」

ピタっと涙が止まった。体の震えも止まった。
その代わりに「ねぇ、『もういい』しか言わないお父さんってヒドイでしょ」

だから、その後、坊主がダンナのコップを使いたがらないときに、
お父さんが傷付いているのだ、という話をしてきかせた。

アタシ、ちょいと酒、呑んでいるから。
酒が入ると、こんな話が得意になるのだよ。
泣き上戸、笑い上戸という言葉があるのなら、
アタシは説法上戸というところか。
きっとアタシは始終酒を呑んでいたほうが
素晴らしい育児が出来そうな気がします。

   坊主は、アタシは酔った事がない、
   父さんは酔ったら、べたべたからんでくるのに、
   お母さんには、それがない、と言う。
   一度、酔っ払って階段から落ちてゲロんちょ、という失態を
   見せた事があるが、あれは、アクシデントだ、と坊主は思っている。
   それはそれで、情けない話ではあるのだが。

またまた、脱線しましたね。

話をもどしましょう。

そんなこんなで、プイっと喧嘩別れのように、坊主、2階へ上がりました。
が、数分後、アタシのところへやってきました。
「どうした?」
「お、お、おとうさんに謝りたいけど、出来ん」
しゃくり上げながら、言う。
「さっき、降りてきて、上を見上げよったよね、何しよったん?」
「さ、作戦が失敗した」

ウチの家は築年数が古いので、階段の隙間から紙を差し込むと、
1階に届く仕組みになっている。
隙間だらけ、なので。
坊主、そこから「ごめんなさい」の手紙を投函したらしい。

「謝るときは、直接、謝らないと伝わらないよ」

とだけ言って、今、謝る? と聞くと、
「い、い、今は、無理」
しゃくり上げながら言うから、
謝れるようになったら、自分の口から言いなよ、とだけ言った。

ナメクジ除去の、よい方法を、どなたか、知りませんか?


2007/10/05
危脳丸。

Category :  兄の生態
tag : 
いっつも、妙な歌を作っては、
変な調子で勝手にリサイタルするのは
子供の才能ですが。

今日もまたいつものように歌ってんなー、と思ってちょっと耳を傾けてみた。

「あなたのNO!はOK!デスカ~?
 あなたのNO!はOK!デスカ~?」


まるで、イヤよイヤよも、好きのうち、みたいなニュアンス。
DS片手にラップ調。
そして最後に、キメ台詞。

「あなたの頭、ダイジョウブ?」

NO! ではなく、  でした。
なんちゅうウタだ。

しかも、ダンナに向けてのメッセージのようで。

そしてダンナは「ミュージックステーション」見ながら
歌うのに一生懸命で坊主を完全無視。

そのうちダンナ、今日の出張の疲れがどっと出たのか、
「もう、寝る」
と言って、2階へ上がりました。

ふと、見ると、坊主がゴリラみたいな顔をして
半べそかいてこっちへやってくる。
そういや、さっきダンナが上がる前に、二人で何か話していたなぁ。

「ちょっと~、(ダンナ)く~ん、坊主に何言ったの~?
 坊主、泣いてんですケド~」
ダンナは、悪乗りした冗談がキツすぎて、よく坊主を泣かしてしまうので、
「ま~た、坊主、苛めたんじゃろ」
と、呼び戻した。

「苛められたんじゃ、ないYO~」

と、坊主もちょっと気をゆるめたら涙がこぼれそうだと思っているのか、
への字に歪んだ顔のままで、ラップ調で答える。

ダンナ、ニコニコしながら降りてきた。
「いや~、坊主が『アナタの脳はダイジョウブか?』って言うからさ、

『大丈夫じゃないかもしれん。
お父さん、もしかしたら、明日、坊主の顔も忘れてしまうかも知れん。
坊主が子供だ、ということも、忘れてしまうかも知れん。
だから、よーく顔を見せて。
    (と、ここで、坊主の頬を、両手で挟む)
これが最後かもしれん。
おやすみ、だけど、さよなら、かもしれないね』


って、2階へ上がったんだけど~」

全く、歌番組に感化されたんだな。
何が「おやすみ、だけど、さよなら、かもしれない」だ。

見てみなよ。坊主の顔。
感情入っちゃって、まだゴリラ顔のままで、泣くの堪えてるんですよ。
アブ脳ーマルな息子が、かわゆく見えるじゃないか、コラ。
Category :  映画・TVドラマ
tag : 
ケロロ軍曹を坊主と見ています。
まだ初期編です。20話とか、そのくらいです。
職場のチーフに話したら、彼女はもう一通りレンタルして
今、2巡目だそうです。
まだまだ見るものがあって、羨ましい、と言われました。

エンディングをダンス☆マンが歌っていて、
今日見た回に、本人が出ていました。

本人が出てくる前にニセモノが出てくるんだけど。

っつーか、ダソヌ☆マソ!って!

「ようこそ!私のコンサートへ!」
「何言ってんの、来たのはそっちでしょ…。」

ぶっちゃ毛、子供の漫画だろ、って最初、見るのに積極的でなかった、
それが、私、DEATH!

あー、笑い死んだ…。

2007/10/03
カワユス。

Category :  日記
tag : 
いや~ん。
カワユス、カワユス。
ギザカワユス。
煙草

バージニアスリムから、こんなカワユイパッケージの煙草が出ていたなんて!

即、買い。


・・・無理があったっスか。
ちょっと、女子高生のフリをしてみたんスが。

女の子が好きそうな柄ですね。

もちろん、アタシも好きよ。
だって、女の子だモン。

と、焼酎片手に、言ってみたりする。

・ニオイ、少ない。
・口紅がつきにくい。
んだそうです。
だけど、軽すぎて、結局いつものを買ってしまうだろうなぁ。

2007/10/02
思い出の味。

Category :  日記
tag : 
アタシが小学校4年、妹が2年くらいかなぁ。
家から徒歩で30~40分くらい離れた先生の家に
エレクトーンを習いに行っていた。

冬になると、帰る頃は真っ暗で、田舎だから街灯も少なくて。

今ならきっと、親が送り迎えしているんだろうけれど、
当時は母も車を持ってないし、時代も時代だったので、
子供二人だけでそこへ行き来していた。

ただ、距離があったからか、おかーさんがあたしらを不憫に思ったのか、
レッスンがある日は一人50円くらいのお小遣いをくれて、
それで好きなお菓子を買って、
帰り道に食べながら家までの真っ暗な道を帰ったなぁ。

チロルチョコと、クッピーラムネは覚えているなぁ。
チロルチョコも、色んなヴァージョンがあった記憶があるなぁ。

それを、もそもそ食べながら、車も殆んど通らない夜道を帰ったなぁ。
口の中のチョコがなくなるまで、喋らない、
とか、そんなルールを作ったりしてね。
自分で思い返すと、ちょっと切ない光景だなぁ。
でも、今思い返せば、良き思い出、かなぁ。


今から2年前。
坊主が通うスイミングのバスが、定員がいっぱいで乗れなかったとき、
アタシの自転車に坊主を乗せて通っていた。
丁度冬で、風邪ひかないように頭にタオルの帽子を被せて、スイミングの近くのコンビニで
肉まんとカレーまんを買って、自転車で走りながら食べたね。

今日、久しぶりに自転車で通ったら、
坊主が「肉まんが懐かしい」と言った。

冬になると、思い出す。
お母さんの自転車の後ろで、肉まんを食べた事。

ホラ、何かの本に出てきそうだろ?
一杯のかけそば、みたいな切なさ、だろ?

贅沢な料理より、
そんなちょっとした食べ物と、それにリンクしたちょっとした思い出って、いいなぁ。
未だにアタシ、チロルチョコ見たら、こみ上げてくるもんがあるよ。
坊主はオトナになっても、肉まんの季節になったら
おかあさんの後ろで食べた、あの日を思い出すのかなぁ。

そんな思い出も、ちょっと、いいでしょ。

誰にでもあるんだろうな、そんなちょっとした食べ物と記憶の思い出。

アタシはチロルチョコと、もっと小さい頃に留守番した時の、ご褒美の揚げパン。

実父は、かまぼこにしょうゆをかけたもの、だってサ。
あ、お弁当の贅沢なおかずだったそうです。
あと、盗んだ鶏卵、だって。
うーん、時代を感じマス。
Category :  兄の生態
tag : 
数ヶ月ぶりに、息子のスイミングの見学をした。

今、背泳ぎコースでありました。

母ちゃんは買い物に行っているものだと思っているらしく、
見学ブースをチラ見することなく、もくもくと泳いでいました。

あぁ、初めの頃は、母ちゃんがここでウトウトしてたら
「母ちゃんが死んでるー!」
と、大泣きして、ふと目を覚まして、泣き顔の息子と、対処に困った先生の目と合って、
顔が赤くなったことが、昨日の事にように思い出されマス。

今では、一人でバスに乗って、一人で着替えもできるんだもんね。
大きくなったなぁ。

なんて、懐かしく見学しておりました。
(今日は水着購入のために、一緒に来ました)

順番に次々と、泳いでゆく。
坊主が早く出すぎたから、前の子にぶつかったのに、
坊主、ジェスチャーで前の子が遅い!とか言っているのを目撃。
自分がやられたときは、怒っていたくせに、
やられた気持ちを解っているのに人にするなんざ、許さんぜよ。

それを見てしまったアタシは、見学ブースから
ビームを送りました。
あたかも、沢尻エリカのように腕組みをし、
寄せた眉間の皺は、エネルギーを集中させた証。
坊主がアタシに気付いたら、多分目が蛍光色に光っていたと思いマス。
見学ブースの厚いガラスさえ、焼き尽くすくらいの勢いで、
始終「やめれ」ビームを送り続けました。

結局、最後まで息子には届かなかったみたいで、
しわ寄せした眉間をさすりながら、出てきた息子に口頭で注意。

口で言わない。
態度で示す。

から、程遠い、いつものグチグチ説教になってしまいました。

Category :  日記
tag : 
やれやれ。
土日と運動会の予備日も含めて、久々に連休を取ったら、
今朝、仕事に出るのが何か億劫でよぅ。

仕事は結構、遣り甲斐を勝手に感じちゃっているので、
行ってしまえば、仕事の事を考えれば、
やる気はでるんだけれど。

玄関出るとき、ちょっと心の中で、
「あー、しんどいなー・・・。」
と、思ってしまった。

外に出れば、秋風も心地よくて、いい気持ち。

なんだけど。

仕事終えて、仕事場のテンションのままに家の用事済ませて、
今日は坊主のスイミングについて行かねばならなかったから
(水着がピチピチなのだ。購入してくれ。
 さすがに小学2年生で110はキツイゼ、おっかさん、と言われ。)
家事を済ませて出掛けるまでの一服をしている最中に
また、
「ダリーナ」病が出てきたぜ。

出掛けてしまえば、秋風が心地いいんだYO!

なんだけど。

あぁ、無理矢理にでも外に出る用事があって、よかったよ。
そうでなかったら、絶対、引きこもりになるなぁ。

なんて考えながら、自転車漕いで、30分かけてスイミングスクールまでサイクリング。

空を見て、
「あぁ。やっぱり、もう、秋なんだなぁ。」
と思って、家にひきこもってたら、こんな切ない気持ちに
ならなかったなぁ、と、頑張った自分に、「出てきて良かったじゃん」と声を掛け、
『秋』に釣られるように、本を購入。

「どうして、今日は、あんなに外に出たくなかったのかなぁ」
と、思いつつ、
「そんな日もあるさね」
と言い聞かすのよ~ん。



今日、久しぶりに定価で本を購入。
犯人に告ぐ

『犯人に告ぐ』
雫井脩介

今、上巻読んで、犯人に対して怒りを震わせております。
あ、映画になるんだね。
あ、3年も前の本なのね。

むむぅ。
もっと、本を読みたい、と熱くなってしまいました。
でも多分、明日のビデオレンタル半額デーに借りてきた
「ケロロ軍曹」をガン見するだろう事は解っているので、
今日中に、下巻を読破したい、と思いマス。


プロフィール

ピヨ

Author:ピヨ
クリスマスプレゼントが髭剃りだった長男(14歳)と、
貫禄ありすぎて年長に間違われる年少の次男(4歳)と、IKKOに似てる、とネタにしてたはずなのに、正月姪っ子にマジで「IKKO」みたいって言われてへこんでいるマミィの日記だべ。

(c) kihiro

着グルマー★点取り占い
双子ママ点取り占い
双子点取り反面コラボ
日田んもん点取り占い
最近の記事
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー

リンク
今日のひとコマ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。