ひとり言

Home  >  2008/05
Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/05/31
達成感。

Category :  日記
tag : 
今日はいっぱい仕事した。
たくさん、たくさん、働いた。

完成したディスプレイを見て、
思わず腕を組んで眺めてたくらいだ。

う、美しい・・・。

誰も褒めてくれないので
バックルームに戻ってチーフに
「いい仕事、したぜ!」
って誇らしげに報告。

チーフは褒めてくれるどころか
「アタシは昨日、シーチキンを完璧に並べた!」

って胸張った。

お互い、誰も褒めてくれないからね。

自画自賛。

お互いに「よし、よくやった」って言ったけど、
それ、自分に対して、なんだよね。

自己満足、バンザーイ!
スポンサーサイト
Category :  日記
tag : 
「オカーサン! 当たったよ!
 懸賞で当たった賞品が届いたよーーー!」

そんな声に、玄関へ行ってみると。

40㎝×40cm、高さ1メートルもある梱包物が
4つも玄関に並んでおる。

「あぁ、冷凍食品の懸賞で
 締め切りギリギリに送ったヤツが当たったんだな」

1つ目の梱包を解いたら、『布団』が出てきた。
2つ目の梱包を解いたら、中からお菓子がボロボロ溢れてきた。

あ!カントリーマアムだ!
これ、めっちゃスキなんだけど!

別の梱包物からは、イカの姿フライ(お徳用)。
あー、これ、ダンナが涙流して喜ぶなぁ。
アタシの好きなビーフジャーキーも入ってるわ。
嬉しいなぁ。
何でも応募してみるもんだなぁ。

そして、息子が、
「DSのソフトが当たったみたいだから、郵便局に引き換えに行って来る!」

って飛び出した。

これ、食べきれるかな。
それにしても、当たるときは続けて当たるモンなんだな。

なんて。
納得してたら、セールスの電話で目が覚めました。

「はい・・・、はい・・・。いいえ、うちはいりません」

って、電話の対応をしながら、
現実がゆっくり戻ってくるのを噛み締めておりました。

昨日、ヤマザキパンの新作発表会でたくさんお土産を頂いた弊害が
この夢だったんだな。

どんだけ貪欲なんだ。

そして、どうしてこうも人間は
夢の中では疑問を持たないのでしょうか。

玄関は明らかに自分の家でなく、実家。
なぜ、布団とお菓子が送られてくるのだ。
冷食の懸賞なんか、応募してないのに
何故、「そういえば、送ったな~」なんて思うのだ。
その事に爪の先程の疑問を、何故感じないのだ。

あぁっ、クソっ!
カントリーマアムを食べ損ねた悔しさが
ふつふつと沸いてくるぜ。
Category :  ハンドメイド
tag : 
先日、給料日前に10回目の結婚記念日を無事迎えました。

あれだ、ほら、
スイート・テン・ダイアモンド、って今でもあるの?
っていうか、あれ、現実の話なの?
限りなく、非現実的なんですケド。

仕事&子ども会の用事から帰ってみると、

「スイート・テン、買ってやるから、今から出掛けよう」

マージーデースーカー!

連れて行かれた先は!
贈っていただいたものは!

オーバーフラッグ
「オーバーフラッグ 1/100」

これ、スッゲー欲しかったんですよ!
何でも、量産型MSで、1/100が出るのって、
十何年ぶりらしいんですよ!
すでに1/144は、持ってて、
息子と二人で「1/100オバフラ、欲しいね」
って言ってたんですよ!
何で分ったの?
以心伝心?

「お前は、ヒソヒソ話とひとり言の声がでかすぎる」

そゆことです。


昨年まで、
新婚旅行と極秘ミッション
の話がチラチラ、この近辺になると出てきましたが。

「今後10年は、ダイヤの代わりにガンプラ欲しがった、って、みんなに言おう」

ネタ、って聞こえました。
それに、最初から、ダイヤ買う気、ナッシングでしょ。

2008/05/24
湿気に嫌気。

Category :  日記
tag : 
今日は朝から、雨。
湿度も高い。
じめじめじめじめ・・・・。

米国ドラマ「フレンズ」のモニカは
湿気で頭の髪がダイアナ・ロスになりましたが、
アタシの頭も、今日はそんなカンジ。

ちょっと濡らせば直る、なんてもんじゃないくらいに
湿気が酷かったので、

今日はもう諦めて
仕事中はずっとダイアナ・ロスのままでした。
ダイアナ・ロス

2008/05/23
成長。

Category :  兄の生態
tag : 
激しく叱ったとき。

制御の利かない自分が現れたとき。

反省と、その場の空気を収める意味もあって。


アタシ、コドモの前で、死んだフリをします。
お茶を濁すように、ね。

すごくリアルにね。

「おかーさん!死んじゃやだーーー!」
って、全力で縋ってくる、その姿がかわゆくて、
それが見たくて。
こっちも全力で、演技をします。

今までは、泣いてパニックになって、
体を揺り起こしてきてました。

しかーし!

久しぶりに腐乱死体を演じた昨日。

「おかーさん!」

って、言ったっきり、・・・無言、静寂。

目を開けられないけど、気配で察知。
鼻の前に手を置いて、呼吸の確認をしておる。

「そうきたか」

って、息を止めてたけど、今度は鼓動を確認しにきたで。

グッスン、グッスン、って鼻をすすりながらも
冷静に現状を分析。

これが成長か。


Category :  兄の生態
tag : 
実母がちょろっとうちへ立ち寄った時に。

玄関脇に、坊主の上履きを発見。

ここにあるという事は
月、火と連続で裸足だったって事。

「あんの、馬鹿・・・!」
って瞬間、ココロの中で拳を握ってたら。

「こりゃ、大物の予感」
と母。

えええっ!?

こんなん、アタシら姉妹がしたら
布団たたきで追っかけて来てたじゃん。
エビフライを食べた伊賀のカバ丸のじいちゃんの形相で
追いかけ廻したデショ。

孫ならええんか。

てか、坊主、どうやってこの2日を凌いだんだろね。

そんな事、忘れてて、坊主帰宅後、話の流れで
「あ、そういえば、俺、明日は上履き学校に持っていかねば!」
って言うから、そうだ、そうだ、
オマエ、この2日間、困ったでしょ、って聞いたらば。

「大丈夫」

と、すっげー、自信にみちた顔。

左足、右足を高速移動して
上履きの存在を悟られなかったZE☆
との事。

先生にはバレてたけど
トモダチは騙しとおしたぜ。

天を仰いださ。
命を掛けてもいい。
騙せてないって。

でも、コイツの顔見てたら
完璧にカモフラージュ成功! って顔、してんだよね。

こう話している間に
高速に右足を、左足で隠し、
左足を右足で隠す、その動作をやめれ。

あぁ。
今週末懇談会ダヨ。
行きたくねぇよ。
また先生に満面の笑みで

「親がサポートしてくださいヨ」

て、言われちゃうよ。

う、うちの子、こうやって
基本動作が身に付かないまま
オトナになる気がしてきました。

本人は、信じてたよ。
足を素早く動かせば
足元にシューズがあるかないか
一般人には見極められないだろうって。
どうだ! この、上履きの存在を忘れさせるほどの動き!

ヴォケとしてば、グッジョブ! なんだけど、
親としては・・・、・・・どうすればいいだ・・・。
Category :  日記
tag : 
会社の人のお父さんが、先日亡くなられ、
今日、本人に久しぶりに会いました。

大変だったね、もう、大丈夫なの?
というやりとりの後で。

「葬式の時にさ、娘(7歳)にね、
『じいちゃんは、お星様になったのよ』
って言ったらさ・・・」

「大阪の星に!?」って・・・」

何故に地域限定?

そして何となく、天童よしみチック。
Category :  ダンナのポツリ。
tag : 
この間、御飯の後でダンナが爪楊枝を探していたヨ。

「今、切らしちゃってるわ。
 コンビニで貰う箸についてるのを使って」

こんな時に限って、ないんだよね、コンビニの箸。

そしてないと思うと、余計に欲しくなるんだよね、爪楊枝。

振り返るとダンナの目線がアタシの宝物へ向いている。
向いているどころか、手まででておる。
なんか、いや~な予感。

「コレの、ここんところ、丁度イイカンジなんだよね」

って、ガンプラのショートブレイド(剣)を取り出した!

だめーーーー!
絶対、ダメーーーーー!

ダッシュで取り上げた。
ふぅ、危ねぇ、危ねぇ。
危機一髪。

だけど、次の言葉を聞いたとたん、
頭髪が真っ白になったよ、一瞬で。

「あ、ごめん。
 実は、この間、もう、ヤッチャッタ」

う、嘘ダァァァァーーーーー!

「すぐに洗ったから。大丈夫、洗ったから」

だ、大丈夫じゃ、ないヨ・・・。

そんな事があって。
さっき、ダンナが
「そういえば、夕べ寝てるとき、オマエに顔面に踵落としを
 くらわされたんだけど、覚えてる?」
全然、記憶にない、デス。
「マジで? ごめん。
 っていうか、何でそんなとこで寝てたのよ」
って言うと、
「オマエ、夕べもむっくり起きて、同じ台詞言ってた。」


寝てる間に報復したんだね。
アタシ、すごい。
すごいを通り越して、チョット怖いわ。

ダンナ:「急所だから。鼻と鼻の間、急所だから。」
Category :  兄の生態
tag : 
足が遅くても!

勉強が出来なくても!

トモダチがいっぱい、っぽいからまぁいっか。

と、ここまで(3年生)きました。
普段、トモダチとのやりとりをあまり見ないけど、
担任の先生は褒めてくれてるし
(つーか、その辺しか褒めポイントがないのかは知らんが)
明るいのがとりえ。
良いではないか。

と、思ってました。

しかし、最近、
「俺、学校で一人でいる時間がスキなんだ」
と、言ってみたり、遊びに出掛けても、予定より早い時間に帰ってみたり。

この間もリュック背負って、中に宝ものを詰め込んで遊びに行ったけれど、
その宝物を失くした、といって帰ってきました。
紛失に気付いて、散々探し回った後でした。

「そんなに大事なら、家において行こうね」

とは言ったものの、
「背負ってるリュックのチャックを誰々が開け閉めしてたから、その時落としたのかな」
とか、
「あ。ゴミが入ってる」
とか聞くと、思わず「う~ん・・・。」と、親はマイナスな想像もしてみたりもする。

でも、本人は、そこで盗られた、とは言わないし。
普段、意地悪されたら、家で泣きながら恨みつらみを打ち明けるからね。

そんな時、ふっと頭を過ぎるのは。

1 足が遅いからイジメられてる。
2 勉強が出来ないからイジメられてる。
3 卑屈になってて、イジメられてる。

普段の奴の弱点が、最大のダメージを受けているような気になる。
親の杞憂かな、とも思う。

でもなー。
「学校で一人の時間がスキ」
なんて言葉、一人ぼっちの冴えない思いを、いいように処理しようとした結果の発想ではないか。

そっか。
オマエ、戦ってるんだな。

ただ、明るいだけじゃ、ないんだな。

感情的に激しく怒った後なんかに
その事を考えてみたりして
切なくなるな。

いいんだ。
冴えない経験をたくさんしろ。
いっぱい戦って帰ってきたら
ココロのフォローはアタシがしてやる。

と、毎回誓うよ。
出来ないけど。

宝物を失くして帰ってきた日。
それでも、誰かのせいにせずにいられた日。
呪文のように
「オマエはいい奴だ」
って、言ってやろう。

冴えない思いをして帰って来ても、
「これで、オマエは冴えない人の気持ちが分かるだろ。
 いろんな人のいろんな気持ちが分かる事は大事ダヨ」
って、暗示かけよう。

宝物を失くして、しょんぼりと早い帰宅。
人生、悪い事の後には、いいこともあるさ。
自分を信じて、自分がなりたい人間になればいいのさ。
さぁ、行け。
これを持って、コロコロコミックを買いに行くがいい!

「まーじーでー!?」

ダッシュでコンビニへGO。

寝そべって、ギャグマンガに
「ゲラゲラ」
笑ってる姿を見ていたら、

「イジメられてる」

っての、本当に親の杞憂なんじゃねぇか、と思い始めた。
その笑い方、心底悩んでる人間の笑い方じゃ、ないと思うんすけど。
Category :  日記
tag : 
終わった・・・。
ドッジボール大会が、ようやく終わった・・・。

ファーストフェイズ、終了。
でも、まだまだ、ミッションは続行するのよ、来年の3月まで。

今朝なんか、緊張しすぎて5時起きよ!
アリエネー!
どんだけビビってんだっつー話よ!
しかも、大した役割でもないのに。
目が覚めて、苦笑いだぜ。フヒヒ。

大会の途中、
体育館でスポ少バレー部の練習がスゲー、って話になって、
小窓が高いから覗けねぇ、って坊主が言うからさ、
抱っこしたら瞬間、

「ピキーン」

また、ヤッチャッタ。
ぎっくり腰(中)を。

最近、うちの坊主、急速に体重増加しちゃったから、
抱き上げるときの気合の入れ方をミスったぜ。

そうそう。
全く関係ないけど
QPマヨネーズのTシャツ着てる保護者に釘付け。
キューピー

最近、マヨネーズも高いから、
QPブランド、買えないの・・・。
業務用スーパーで1㎏=298円に走ったアタシを許して。
・・・ゴメンナサイ・・・。
って、その保護者へ向けて、両手を合わせたわ、ココロの中で・・・。

2008/05/13
布教活動。

Category :  日記
tag : 
GWに実家に帰ったとき、
ネット上で失踪していた姪っこが
「私の居場所は明かせないけど、おねえちゃんのブログは見てるよ」
って打ち明けてくれました。

まるで子供を捨てて失踪した母親が
陰からコッソリ娘の成長を見てくれているかのようです。
年齢逆だけど。

そんな年頃の姪っ子世代にも広めてもらおうではないか!

我らが反面ティーチャーの
反面教師的生活図鑑が、本になりました。

このブログのテンプレートやバックホーンステッカーをくれたりなんかして、
普段は毒を吐いてるけど、実はね・・・、っていう
泉谷しげるのようなヒトですよ!

姪っ子よ。
横っちょの「手芸部」も見てネ。

おねえちゃんを、笑え!
そして、泣け!

残念ながら、きみにも同じ血が流れているのダ。

2008/05/12
母の日かぁ。

Category :  兄の生態
tag : 
0母の日2
母の日だっつーんで
あじさい、頂きました。

「わ。嬉しい。
 アタシこれ、欲しかったの。
 何でこれが欲しいって、解ったの?」

「ガラスの仮面」を読んで即座に

「女優になろう!」

と拳を固めたアタシが、独自に身に付けたクサイ芝居じみたアクションで言うと

「いや・・・、ホラ、そろそろあじさいが綺麗な季節だし・・・、
 俺、何となく、おかんがあじさいすきだろうな~、って感じてたし・・・」

と、リアルに照れるのを見て、
抱きしめたくなったZE☆

朝、
「ねぇ、起きて~」
「今、何時?」
「8時半」
「9時まで寝かせて~」

「ねぇ、起きて~」
「何時?」
「8時35分」

と、目覚ましのアラームのような正確さで
9時半まで起こし続けた事を忘れるくらいに
感動したぜ。

おまけに晩御飯は
炭水化物推進委員会・広報部長のアタシの好物、たこやきをつくってくれました。
母の日1
(後半は殆んど必死こいて親が作ってたけど)

ごめんよ、「こどもの日」をスルーしたのにね。
Category :  日記
tag : 
昨日、いつもの通り、仕事してました。
カートに商品を目一杯積んで売り場目指して運んでいたときのコト。

その日は、マネキンさん(試食販売)が来てました。
20代後半くらいのスラリとした人が、めんつゆを売ってました。
その脇を通り抜けようとしたとき。

目が合いました。
ものすごく眉間に皺を寄せて立ってました。
その顔から販売員の笑顔は皆無でした。
その顔を見て違和感を覚えました。

何か、おかしい・・・。

と思った瞬間、ふら~、っと倒れこむように斜めに体が傾いたので

倒れる!

と、思って走り寄ろうとカートを動かそうとしたら。

バランスを取るように反対側へまたふら~、っと移動。
まるで酔拳のように、しなやかに。
眉間に皺、寄せつつ。

ちょっとね、怖かったの。
クスリでラリッてる人みたいな動きだったの。
動揺してその辺の商品なぎ倒しちゃったの。
ドキドキしながら商品直してるときに水産のYちゃんと目があったけれど
何も言わずにその場をやりすごしたのよ。

帰る時にYちゃんとNさんがいたので
その話をなんとなくしてみたよ。

「今日さ、マネキンさんが眉間に皺寄せて倒れそうになってて・・・」

その場にいたYちゃんが立ち上がって指をさして同意してきたわ。

「踊ってたでショ」
「そう!眉間にしわ寄せて!」
「あぁ、そんな顔してたんだ。アタシ背中しか見てなかったから・・・」

どんな風に踊ってたのよ、っていうNさんの問いに
こんな風に・・・、って二人で酔拳を踊ったわ。

その場に長い間いたYちゃんによると、
試食していた親子が、中々立ち去らずに食べ続けてて
多分、それにイライラして酔拳を踊り始めたらしい。

びっくりしました。
世の中には色んな人がいるのです。
イライラすると酔拳で「早よ、帰れ」アピールをする人もいるのですね。
知らないから、めっちゃ動揺して「からし酢味噌の素」を床にばら撒いてしまいました。
その親子、トドメをさされる前にその場から離れたのは、正解。
それごときに、動揺してしまったアタシ、未熟者。

2008/05/11
今年のGW。

Category :  日記
tag : 
*下書きのままだったのを、今頃UP。
 先週の事デス。

アタシが仕事だったため、ロクにGWらしいレジャーができなかったけど。
大潮だったので、行ってきました、潮干狩り。

宮島なんて、この時期、小奇麗な観光客でごった返す中、
長靴小脇に抱え、クーラーボックスをカートで引きながら
短パン、サンダルのハンティング・スタイルで。

車、とめる所がなくなるからってんで
カナーリ早い時間から、現地入り。

船上の風で体が冷えたから、
もみまん(もみじまんじゅう)でも喰って、お茶を頂いて温まったり。
焼き牡蠣堪能したり。
宮島1


それでもまだ小1時間は潮引かないよ。
むすびでも食べながら、ハンティングの時間まではまったりいこうぜ。

と思っていたのに。

宮島2
坊主のテンション、急上昇。
しかも、海中を足でまさぐって捕獲した第1号が
はなぐり並みの大きさ!
やるじゃねぇか。
褒めたら「俺についてきな」状態。

ダンナと話してたんだけど。
要は仕事のスピードなんじゃないか。
一生懸命掘っているようでも、
プロから見たら、動きが全然トロイんじゃないか。
倍、動かせば、倍の量が採れるんじゃねぇか。
職人とはそういうものではないのか。
俺はやるぜ。
いい仕事するぜ。

いつの間にか、レジャーのつもりが仕事になってました。

そろそろ潮もいいカンジなので、行こうかと準備をしていたら、
ダンナがアタシの肩を摑んで言いました。

「さっき、ああは言ったけど、
 実はお前に期待してんだぜ。
 優秀な戦力は、お前だ。頼むぜ」

「任せてください!隊長!戦果をあげます!」
宮島3

とは言ったものの・・・。
1個も捕獲出来ない・・・。
坊主がハマグリ大のを最初に見つけてくるから
こんな爪ほどのアサリを採ったって、って言ってるうちに
1時間経過してしまいました。
ふと、思いました。
戦力外通告されるんじゃ、ないかしら。
そう思ったら急激にヤル気がなくなって、
一人ポツンと煙草休憩。
最初はアタシについて廻ってた坊主も
「母ちゃんと一緒じゃ、採れねぇや」
って、父ちゃんについて行きました。
師匠、鞍替え。

意地になっちゃってさ。
途中で雨が降ってきたんだけど
帰れないや。
バケツいっぱい取ってる人をストーカーしてみたり。

「いっぱい捕獲するまでは、帰らない!」
というアタシを見かねて、ダンナが寄って来ました。

「あのね、縦に深く掘り下げていくんじゃないの。
 最初にガーっと広範囲に5センチくらい砂を退けるの。
 それから慎重に掘り進めて行くと、カツン、って当たるところに、貝はいるから」

それからすっごい掘れ出して。
でも、もう潮が満ちてき始めてて。
満ちてくる波に追われる様に後退しながら4時半くらいまで彫り続けた結果、
3人で2.5kgは捕獲成功。

ダンナの実家におすそわけしても、
3日は食べられたね。
そのせいで、当分アサリは食いたくないね。
その事を今日義理母に話したら
「冷凍したらよかったのに」
れれ冷凍出来るの!?
軽~く、衝撃。
宮島4
帰りに冷えた体を
揚げもみじで暖めて。

アサリは当分遠慮したいんだけど、
捕獲にはまた来たいぜ。
次こそは、イイ仕事するぜ。
プロフィール

ピヨ

Author:ピヨ
クリスマスプレゼントが髭剃りだった長男(14歳)と、
貫禄ありすぎて年長に間違われる年少の次男(4歳)と、IKKOに似てる、とネタにしてたはずなのに、正月姪っ子にマジで「IKKO」みたいって言われてへこんでいるマミィの日記だべ。

(c) kihiro

着グルマー★点取り占い
双子ママ点取り占い
双子点取り反面コラボ
日田んもん点取り占い
最近の記事
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー

リンク
今日のひとコマ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。