ひとり言

Home  >  2009/09
Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  日記
tag : 
TAXI_DVD.jpg
MUSIC ON! TV 10th Anniversary×SPEEDSTAR RECORDS Presents
スペシャルドラマプロジェクト第3弾 『東京タクシー』

を。

勢いで購入してしまいました。
ネットで。
セブンアンドワイで。

もちろん、旦那にナイショで。

「今、仕事してないから。
 家計が苦しいけど。
 やりくりするから。
 出産した自分へのごほうびに」

そんないい訳ばかり、
すぐに取り出せるように
頭の入り口に置いておきました。

でもね。
旦那はメールチェックとか殆んどしないし、
バレる事はないやね。

と、思っていました。

そうしたら、発注した翌日。

「あーーー。
 何か買うとる。」

すぐにバレたがな。

何でカナー、何でカナー。

どうしてこんな時に限って
仕事の残りをメールで自宅に送るカナー。

「今、仕事してないから、
 自分のご褒美に!」

焦りすぎて、途中を端折っちゃうトコロでした。
ヒィ~、あぶない、あぶない。

警察犬並みに鼻が利く。
女子並みにカンが鋭い。

「警察犬きなこ」くらいにゆるかったらいいのに。


スポンサーサイト
Category :  映画・TVドラマ
tag : 
ロープー姉さんがさ。
あんまり、奨めるもんだからさ。
本日、レンタルビデオ屋に行って
探してみたんだけども。

「ブラインドネス」

なかったヨ~。

駄作は置かない主義なのか~い?
どうしようもなく駄作が見たい人もいるんだよ~い。

くっそ。

なかったら、余計見たくなっちゃったじゃないか。

相当探して。

息子と、最近「サイレン」というホラーゲームに嵌っていて。
それが原案となっている映画があるから、借りようか。
でも、「ブラインドネス」を見つけてから
「サイレン」探そうね、って言っていたらば。

なかなか、「ブラインドネス」が見付からない。

「おかーさん。
 オレ、自分が借りたい物、もう、ピックアップしたんだけど。
 (お笑いDVD2本、ポケモンムービー1本)
 早く「サイレン」、探そうぜ。」

と、プレッシャーをかけてくる。

ま、待てい。
おかーさんは、どうしても「ブラインドネス」が、見たいんじゃい。

「ホ、ホラーかな?
 まさかSFかな?
 いや、待てよ。
 意外とヒューマンかもしれん」

探せど、探せど、見付かりません。

「ブラインドネス」を、『ヒューマンドラマ』のカテゴリーで探すほど
探したのですが見付かりませんでした。
こんなに探したのにない、となると、
余計に見たくなるじゃないか。

結局、諦めて、
「サイレン」はGETしました。

だけど、借りたのがお笑いとアニメとホラーゲームとかって、
どうなん?
と、思ったので、一緒に
前から観たかった「余命」を
借りました。

が。

寝くじるベビを抱っこしながら
この映画はきつすぎました。

アタシがこの状態で見ていなかったら
闘病の末、命を落とす『ヒューマンドラマ』で
終わっていたかも知れん。

「夫婦とは」
そんな命題が頭を過ぎって
そのことを考えたかも知れません。

でも、ちっちゃな手が映ったとき。
余命

「誕生日には、どんなに忙しくても、一緒にいてあげてね」
「入学式、卒業式、運動会にはちゃんと行ってあげてね」
「彼女を連れてきても、この子が選んだ子なら、間違いないわね」

そんな言葉を聞いたとき。

アタシはこの子たちの、何処までを見ることが出来るんだろう?

そんな喜びやら、悲しみに
どれだけ居合わせてあげられるんだろう、って考えて。

今は何事もなく、暮らしているけれども
明日、事故で死ぬかもしれん。
酒の呑みすぎで、肝臓がやられるかも知れん。

前にね。
兄(9歳)が大きくなるまで生きれればいいや、
って、思って「あと、10年くらい寿命があればいいか」
なんて、その今からの10年を精一杯生きよう、と思って
カウントダウンしたこともあったけど。

ベビが生まれてたから、
あと20年は生きなくちゃ、と思った。

あと、20年は生きていたい、と思っちゃった。

抱っこしたら、泣きやむこの子を見ていたら
「アタシが必要なんだね」
って、抱きしめたくなっちゃった。

あまりにキツ過ぎて
「サイレン」見たくなっちゃったじゃないか。

ゲームで出ていたともこ
前田ともこ
は、出ないみたいよ。

兄(9歳)に言う。

ゾンビ見て、「死ね!死ね!」
って、言ってる間は
幸せよ。


Category :  兄の生態
tag : 
宮崎のばあちゃんから
「梨」を頂いた。

息子が
「食べたい」
と、言った時はいつも授乳中なので
「後でね」
と言っていたのですが。

本日、待ちきれず。

自分でカットして食べることにしたようです。

が。
驚いたのは。

普通は軸に沿って縦に半分にするところを。

真横に切断しようとしていた。

おーーーっと、待て!
そんな切り方をしたら
サザエとか、タマとかが
踊りながら出てくるだろうが。
image.jpg
少しずつ、常識を教えていかねば、
と、思った瞬間でした。

Category :  兄の生態
tag : 
「あー、暑い!喉かわいたー!
 麦茶ちょうだい!
 オレの右脳は『お茶飲みたい!』で出来とるんよ!」

そんなカンジでバタバタ帰って参りました。

あぁ。
出来たら、もう半分の脳には
「賢い」
が、詰まってますように。

「今日ね、今日ね。
 学校で皆で、宇宙人を書いたんよ」
と、見せてもらった自由帳。
小4の脳内
あぁ。なるほど。
みんな似たような事ばっかり考えてんだね。

まさか、と思うけど、
もう半分の脳は、これで出来てないよね。

紙いっぱいに書かれた宇宙人の中に、
野球ファンを発見しました。
IRABU.jpg
「ねぇ。 
 どうして『伊良部』なの?
 誰か伊良部のファンがいるの?」

「え。」

着替えていた手を止めて
紙を覗きこんで、

「あ、オレ、『アイ ラブ』って、書いたつもりなんだけど」
残念

Oh~。
残念ながら、98%の人が、
これを「伊良部」と読むよ。

息子よ。
あぁ、息子よ。

このまま大きくなっておくれ。

うっかり、「賢い」はなくてもいい!
と、思ってしまいました。

最後に言わせて。

何でいっつも乳首書くん?

2009/09/08
ウォーター!!!

Category :  弟の生態
tag : 
寝入りばなにグズる赤ん坊が、
すぅっ、と眠りにつけるようになるのには
それぞれに気に入ったグッズを見つけるのも一つの手だろうな。

アタシは枕カバーの端のヒラヒラの部分だったな。
記憶があるもん。
それを人差し指と中指の間に挟みこんで
すりすりしてた。

姪っ子はタオルケットだった。

それを唇にあてて「ちゅっちゅっ」してると
落ち着いて寝てくれた。
泊まりに行くときに忘れると大変だったので、
一度、猫がに入ってきて盗んでいった、って事にして
卒業させようとしたけれど、
押し入れの中から見つけ出して、
ドロボー猫作戦は失敗に終わった。

これは推測だけど、妹が
どうにも寝ないから、と降参して
押し入れから出してしまったのではないだろうか。
すぐに必要になるときがくる、と確信して取っておいたのではないか。

かなり大きくなってからも使っていた。
あまりに大きいので、持ち運びに不便だ、と
おばあちゃんが、はさみで分割したものを
お泊りセットに忍ばせて
持ってきてたなぁ。

坊主は、犬の形をした枕だった。

「犬」の枕。
「犬さん」だから「『ケン』さん」

そんな名前まで付けて。

その犬の耳の部分、
てろん、とした部分を口に入れて
じゅうじゅう、吸っておった。
おっぱい、出なかったからな。
乳首だ、と思って吸ってたのかな。

でも、やっぱ毎夜吸い付いていたので
その部分だけ、段々黒くなってきて、
何かの菌が繁殖してる気がする、
どうにかなさい、と実母に言われ。

その上、姪っ子と同じように
それがないと寝ないので、
どうするよ、って話になって。

切断するか?

ケンさんの首を?

いやいやいや。

じゃ、耳だけ、チョン切るか?

いやいやいや。

さぁ、どうしよう。
あの、なんちゃら菌たっぷりの、
常に(吸うから)湿っているデカイ枕を、
外すか?
取り上げる時が来たのか。

そんな心配をよそに、
アッサリ、ケンさんは処分することが出来ました。
就寝前の「ちゅっちゅ」の儀式を
止めさせる事が、出来ました。

なんてね。

代わりの縫いぐるみを与えることに成功したからでした。

あんなに
「ケンさん、ケンさん」
て、言っていたのに、今度はクマの枕を
たいそう可愛がっておりました。

案外、執着ないのね。

ベビを寝かしつけながら
「この子はどんなアイテムを儀式に使うのだろう」
と、思っていた。

夜中にグズグズ。
ベビースリングで抱っこして、
それでもグズグズ。
ぐずりながら、唇の当たる胸の部分を舐めるから
アタシのパジャマがベタベタだよ~。

だから、アタシとベビの間に、ハンドタオルを1枚挟み込んで
アタシは空いた手で本を読んでいた。
(夜はどうやってもグズるので、
 それなら一緒に起きて本を読もう、と
 先週末、ブックオフで大量に購入。)

本に集中していたら、
いつの間にかベビが大人しくなっておる。

寝たのかな? と見てみると、
ハンドタオルを唇にあてて、

「カッ」

と、目を見開いておる。

ヘレン・ケラーだったら
「ウォーター!!!」
と、叫んだだろう。

おやすみの儀式のアイテムを
手に入れた瞬間を見た気がした。
Category :  日記
tag : 
夜中、ベビが泣き止まず、
ようやく明け方眠った頃、
憔悴しきって冷蔵庫に

「今、朝の5時!
 だから、起こすな!」

と、殴り書きをし、
起きてきたダンナと兄に、
(勝手にアタシが自分で起きたのに)
夕べ、どれだけ大変だったかを胸ぐらつかむ勢いで延々と語り、
坊主に至っては、
「学校から帰ってきたときに、母ちゃんたち、寝てたら起こすなよ。
 起こしたらどうなるか、分かってんな」
と、脅しをかけ。

ベビとグーグー寝てました。

ふと、気付くと、兄は学校から帰宅しており、
友達と遊ぶ用意をコソッとしておりました。
(麦茶をポットへ詰める作業)

寝たフリしながらその様子を見ていたら、

インコに餌をやり、
脱いだ服を洗濯物へ入れ、
ランドセルを二階へ持って上がり(!!!)
そっと、ドアを閉めて出て行きました。

遊びから帰宅すると、
ベビが泣いたら、ダッシュで向かい、
あやして、寝かしつけてくれ、
何も言わないのに
「二階で宿題、してくるわ」
と、上がって行きました。

その日はダンナも、えらく早く帰宅して。
晩御飯の片付けの後で、

「散歩でも、行くか」

と、近くのコンビニへ出掛けました。

帰り道、皆でアイスを食べながら、ダンナが、
「オレも、悪かったナ、って思ってるんだよ。
 皆で夜、交代しながら、ベビのお世話をしよう。
 たまにはこうやって息抜きをしないとね。」

と、言ってくれました。

フィ~。
夕べ、何度、寝ているダンナの上にベビを叩きつけて
「誰の子だと、思っとるんじゃー、ヴォケー!
 何でアタシばっかり起きてないといけないんじゃー、アホウ!」
と、叫ぼうと思ったか。
実行しなくてよかった~。

兄にも。
息を潜めるような生活を強いて、ごめんね。
気を使う事を覚えるのはいい事だけど、
ちょっと気を使わせすぎたね。

もう、いつも通りに喋っていいよ。
喋らないときは歌っていたウタを禁止してたけど、
普段通り、歌っていいよ。

今度から、皆を頼るからね。
甘えちゃうからね。

と、言って、その夜はダンナにベビを預けて、
兄と二階の部屋で熟睡させていただきました。

ダンナが買ってくれたチューハイ、飲みながらね。
夜中はミルクを作って飲ませてくれるっていうからね。


そして、今朝。
下に降りていったら。

ダンナがすごい勢いで、夕べの苦労話を始めました。
さすがにアタシみたいに、ヒステリックではないけれど。

「あれから寝ないで、
 12時にミルク作って、
 それでも寝ないで、
 ずっと抱っこしてて、
 結局また、2時に飲ませて、
 それでも、寝ないで・・・」

兄がそれをみて、
「エ、エンドレス・・・」

うーん。うまいこと言うなぁ。

Category :  弟の生態
tag : 
兄ちゃんは予定日近く生まれて、
ベビはそれよりも3週間早かったので
一人目の時と、若干かってが違うだろうな、
という事を、頭においていたのですが。

何か、目の動きが最初気になって。

両目が同時にあらぬ方向を向くので。

「もしかしたら、目が見えんかも知れん。
もし、そうだとしても、
一人で食って生きて行けるように
皆で育てていこうな」

と、兄に話した事がある。

すると兄(9歳)は、ポロポロと涙を流しながら、
「俺のカワイイ弟~。
 世界一カワイイ弟~」

と、抱きしめたわ。

アタシも最初はそんな心配を否定したいの半分、
兄の反応も見て見たいの半分だったのに、
本気で切なくなって、3人で抱き合ったわ。

後日、この話を妹(35歳)に話したら、

「全く、もー。坊主がカワイソウでしょ。
 お姉ちゃんのジョークは、悪質すぎ、いっつも。」

と、怒られてしまいました。

うん。分かってる。
スミマセン。

新生児がどのくらいで
目が見え始めるのか分からないのですが、
1ヶ月半たった今でも、
まだ、ものを目で追うことをしません。
明るい方を見たりはするので
見えてはいるんだろうな~、とは思うのですが。
杞憂だとは、思うのですが。

「おかーさんだよ、おかーさんだよ」

って、話掛けるのに、フイッ、と目を背けます。
一度たりとも、彼と目が会う事がありません。

なのに。

無理矢理お休みしていただこうと、
おしゃぶりちゅっちゅをかませようとしたら、
(あまり好きでないらしく、
 ものすごい抵抗されてしまう。
 さるぐつわを噛ませているような感じで
 非常に後味が悪い)

ものすごい目で、こっちを見てきよるわ。

「何すんねん!何すんねん!
 オレにこんな事する奴の顔、
 よう見といたるわ!」

と、いうような顔をして
こちらをガン見してきます。

うぅん。
あんなに普段は目を合わせてくれないくせに。

ま、あれだ。
目は見えているようだな、って事は分かったな。
プロフィール

ピヨ

Author:ピヨ
クリスマスプレゼントが髭剃りだった長男(14歳)と、
貫禄ありすぎて年長に間違われる年少の次男(4歳)と、IKKOに似てる、とネタにしてたはずなのに、正月姪っ子にマジで「IKKO」みたいって言われてへこんでいるマミィの日記だべ。

(c) kihiro

着グルマー★点取り占い
双子ママ点取り占い
双子点取り反面コラボ
日田んもん点取り占い
最近の記事
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー

リンク
今日のひとコマ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。