ひとり言

Home  >  2011/06
Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/06/23
コントロール

Category :  弟の生態
tag : 
最近、弟は、
思い通りにならないと、色んなものを放り投げて
抗議します。

今朝は、私たちの弁当の残りの
チキンライスを
兄と、二人で分けな、と
皿から、取り分けたら、

皿ごと食っちまうつもりだったのか
その場で、バターン、と倒れ。

10分ほど、床に寝そべっての
抗議行動に入られました。

保育園でも、
おかわりがないと知ると
物を投げてしまう、と
言われました。

ただ、いけないことだと判っておるのか、
若干、加減して投げておる姿が
見ていて面白いです。

イイイイーッとなって、
むぅぅっ、とスプーンを持ち上げ、
(目は、コロッケのおかわりを
 くれなかった事で、
 この世が消えてなくなってもいい、という憎悪に満ちておる)
投げた先の、ガラス窓の一枚でも
カチ割ったろうか! くらいの勢いで、腕を振り上げたのに

コロン、と、テーブルに転がす。

怒りのコントロールの修行中です。

そうそう。
今日、初めて、家で作ったカキ氷を食べました。

美味しかったのか、
解けた汁まで大切に飲み干しました。

おかわりがもらえない、と知ると、
途端に、スプーンを放り投げましたよ。

どうして、こうも、君の怒りは
食いものに絡むのかね。
スポンサーサイト

2011/06/18
通訳

Category :  兄の生態
tag : 
弟が、カーテンに突入しておる。

「ギャーーーッ、ギャッ」

と、いって、カーテンにグーパンチを繰り出す。

あぁ。
保育園で、覚えた遊びだろうか。

と、微笑ましく見ていたら。

兄が。

「これって、アンパンマンの、
 アーン、パーンチ!
 じゃ、ねぇの?」

と、言い出した。

試しに、弟の動きに合わせて
「アーン、パーンチ!」
と、言うと。

「そうそう、それそれ!」

と、言うかのように
目を輝かせました。

兄を指差して言います。

「お前は、通訳かよ!」

さすが、10年前は、赤ん坊だった君。
頼もしい、通訳だぜ。

そして。

この間
朝ごはんのときに
弟が、舌を出したり引っ込めたり
せわしなく動かしておりました。

「なぁに?」

と、弟に聞くと、

「デロデロデー」

と、言いました。

兄に、通訳を頼むと。

「イジリー岡田、だって」

て、言いました。

インチキ通訳め。

2011/06/18
GW おまけ

Category :  弟の生態
tag : 
朝のいちご。
ichigo.jpg
と、いちごを、ほおばる弟。
ichigo2.jpg
甘いです!
すばらしく、甘く、そして、安いです。

数時間後に、母親に
耐え難い暴力を
受けることを、まだ知らない姿が
切ないです。

でも、肘内症を
整復する術を会得しました。

職場で、泣きつかれたお子さんと、
怒りつかれたおかあさんとの間に生まれた
「肘内症勃発事件」があれば
飛んでいって、整復いたします。
Category :  日記
tag : 
サウザンド サニー号 イン ハウステンボス。

混雑が予想される
サウザンド・サニー号に、滞りなく楽しむために。

早朝の出発です。

このイベントは、フリー(無料)ゾーンにあるため、
駐車場から、フリーエリアに移動しなくてはなりません。

いうなれば、ワンピースイベントを楽しむためだけなら
入場料払わなくっても、いいんだよねー。

正規の料金を払って、入場する人の列の多さに驚きながら、
タクシーで、移動。

フリーエリアは、正規入場者にくらべ、
びっくりするほど、人が少なかったため、

入ってすぐに、サニー号の乗船チケットを取ることが出来ました。

乗船の予約をし、
ガラガラの売店で、グッズを物色。

後にあんなに混雑すると知っていたら
さっさと買い物を済ませたのに。

ハウステンボスの正規チケットの人が入ってきたら
すべてが○時間待ち、の世界だったのだ。

これから、行く人は、早朝(と、いっても、8時くらい)に
バスでもタクシーでもいい、
フリーエリアに行き、
サニー号の予約と、土産等の、買い物をすませておくべきです。

sani-gou.jpg

後日。
職場の人に、お土産を持っていったら
Kさん(50半ば)が、
「ウッソー。ルフィーと写真、撮ったの!?
 (注:船内には、キャラクターの等身大?人形がいる)
 焼きまわし、してー」
と、頼まれた。

「君が、今の2倍、仕事をしてくれたら
 考えなくもない」
と、上から目線で日頃の鬱憤を晴らしてみたりした。

その後。

私と兄とは、土産もの屋へ。
同時刻にダンナは、弟と、レストランのほうへ、並ぶ。

こちらのほうも、数時間待ちでした。

よくよく考えれば、
近所のドンキでも買えたグッズを
数時間かけて買っておりました。

漫画に出てきた「パイユ」が食べたくて
並んだレストラン。

お腹が空いたら、暴力的になる私。

弟の愚図りも、それまで我慢していた兄の我侭も
私が耐えてきたこぶしもピークになったころ。

ようやく、順番が廻ってきたのですが。

寸でのところで、泣き叫ぶ弟の腕を、グイッ、と
怒りに任せて引っ張ってしまい。



「ワーーーーーッ」

と、泣き叫ぶ弟を見たら。

腕が、ぷらーーーーん、としてて。

あぁ。
やってもうた。

肘内症

我慢しきれず我侭を言う兄と、
腹が減って暴力的な私と、
腕が抜けた弟と、
まとまらない家族に、途方にくれるダンナと。

不穏な空気。

そんな中での、ショット。

ランチ1
噂の「パイユ」
ランチ2
ランチ3
痛さに泣き叫ぶ1歳児を連れ、
早々に岐路に着きました。

息子たちの脳裏に

「おかあは、お腹が減ったら
 シャレにならない暴力を振るう」

最後の最後で、そんな教訓を植えつけてしまいました。

休日診療の病院を探し。

大宰府の整形外科で、お世話になりました。

ものの一分で、直してくれました。
「小さい子は2回くらい、外れるもんよ」
と、九州弁で励ましてもくれました。

九州弁での言い回しを忘れてしまいましたが
「よくある事たい」
大した事、なか 的な
九州男児の、広い心に触れました。

来世で結婚するなら
九州男児がよかですばい。

せっかく大宰府に降りたのだから、と
大宰府天満宮で、兄の英検の合格祈願もして。

腕が治った弟は
この旅行で初めての笑顔を見せました。
baikinnman.jpg

Category :  日記
tag : 
ハウステンボスを明日の楽しみとし、
本日は、長崎を堪能しよう。

と、言って、最初の目的地にしたのは

「長崎ペンギン水族館」

グラバー庭園でも、平和公園でもなく。

文字通り、ペンギンだらけの水族館である。

ペンギンオンリーなのである。
あ。
ちょっと、いわしとか、おった。

口を開けて、ペンギンを見入る、弟。
ペンギン水族館

兄にデジカメを手渡していたら、
こんな写真ばっかりとっておる。
ペンギン
しかも、コマ送りで。

勘弁してくれたまえ。

動画もペンギンばかりだ。

ペンギンの国、「ギン帝国」の日常を
盗撮しておる写真ばかりだった、帰って見たら。

どうりでデジカメのメモリーが
少ない訳だわい。

2011_0504画像0030
「ギン帝国」を覗き見る二人。

長崎に来たら、皿うどんか、トルコライスやろ。

と、駐車できるスペースを探して
車でグルグル廻っていたら、疲れ果てて、
結局、ショッピングモール内の
すき家の牛丼で昼ごはん。

グラバー庭園へ。
長い坂道を、エスカレーターに乗って
頂上から、庭を見ながら
段々と下へ下っていく順路でしたが。

頂上にある庭が、グラバー邸だと思い込み。

大きな声で、
「グラバーん家、すっげーでけぇな!」
を、恥ずかしげもなく連呼し。
(頂上にあった洋館。グラバーさん家だと信じていた頃のショット)
 ↓
グラバーさん


かなり下まで降りてきて、
写真で見たことあるグラバー邸を目にして、

「こ、これやん…。
 これこそが、グラバー邸やん。
 何でさっきのをグラバー邸と、思ったんやろうかね」

40年後。
食卓につく私に話しかける人。

「おばあさん、おばあさん。
 大好物の、お肉ですよ」

と、言われ、豆腐ステーキを
肉100%と信じて、ありがたく
拝みながら食べる私を瞬時で想像した。

いかん、いかん。

このままでは、色んなことに騙されてしまうわい。

いや、騙されてもいい。

「お義母さん、チョロイやん」

そんな風に思われてもいい。
今、ふと、そんな風に思った。

例え、ご飯を食べてなくても。

「お義母さーん。
 もう、さっき、ご飯、食べたでしょー」

と、言われたっていい。

憎まれながら生きるより
小突かれながらも、いじられながら生きたい。

騙す老婆よりも、騙される老婆になりたい。

そんな事はどうでもいいか。

移動していれば
体も汚れるので
スーパー銭湯で、汗でも流そう。

と、ネットで調べた「ふくの湯」へ。

頭で想像していた、スーパー銭湯を、
はるかに超える、素晴らしいお風呂!

露天風呂から、長崎の夜景が一望できるのよ!!!

その後、そこでご飯を食べたのだけども。

食べ放題バイキングの質が素晴らしくいいのよぉぉぉ!

しかも、窓際の、これまた夜景の見える席で、
3種類のチョコフォンデュ食べながら
浸ったわ~。

弟なんか、
「ボク、こんな美味しい食べ物、初めて食べます」
的なカンジで、
無心に食っておったわ。

「こんなにたくさんの種類の食べ物を
 一度に食べたことがありしぇん!」

バッカモンがーーー!
お母さんもじゃー!

体も綺麗になって
こんな美味しいものも食べられて
感謝感謝です。
ネットで調べてくれて、ありがとう。

って、三人でダンナを拝み倒したら
「得意気」
という、見本のような顔を、見せてくれました。

褒められると、人間って、どこまでも飛ぶよね。

売店で、地域の特産物が売られていて。
明日の朝ごはんの、いちごを買いました。

たっぷり入って180円!

安い!
九州、いちご、安!

その上、めっちゃ甘い!

少しドライブして、
再びP.Aで、就寝。

皆、疲れて酒盛りの後、こっくり寝ました。

私は昨夜の前例があるので
フラットの後部座席には、入れてもらえませんでした。

助手席で、チビチビ酒を呑みながら
手持ちライトを頼りに
持ってきた小説を読みながら。

この瞬間のために生きておる!

と、こぶしを硬くしました。

オッサンが、仕事あがりに、居酒屋でビールを飲むように。

私の旅の目的は、ここで達成!
って、カンジ。

はあぁぁ。

車で全国を移動しながら、
夜には、車の助手席で縮こまって、
酒呑みながら、本が読みたい。

「定年退職したら、車で日本一周しよう」
と、ダンナに話したら、
いいね~、といってくれたのですが。

数日後に、
「いや、あの件はチョット問題がある。
 定年退職後も、俺たちは生活のために
 もう少し、働くんだ。
 そうしたら70歳だろ。
 70歳で、車で日本一周は、相当、無理があると思うんだ」
と、話し出した。

でぇぇぇい!

夢を見させる時間が、短すぎるんじゃー。
Category :  日記
tag : 
一月以上も前のGWのことですが。
次の予定が入ってきたので
ところてん的に、押し出してみたいと思います。

5月2日。

車を買い替えて、初めての旅行です。

広島からだと、九州方面か、関西方面か
四国か、山陰かの選択肢があります。

2008年は、大阪に行きました。
2009年は、四国へ行きました。
(風邪のため、殆ど記憶なし)
2010年は、弟が関取のため、長距離移動はしませんでした。
5.4④
そして、2011年。

弟が、アンパンマンが大好きなので
アンパンマンミュージアム(四国)へでも
行ってみようかね、と
ビデオでアンパンマン体操を
無邪気にする赤子を微笑ましく見つめながらも。

数日前からレンタルして
家族で読み漁った
「ワンピース」の、「サウザンド・サニー号」が
ハウステンボスに来る、という情報が舞い込んできたので
速攻で、行き先が決まりました。

横で、関取…、いや、ベビが呟きます。

「アンパンマン…」

耳にふたをして、
「わーーーーーー」
と、叫びながら、聞こえないふりをしてしまいました。

半日仕事を終えて、
夕方の出発です。

ベビの喋る言葉が、
「ブーブー(車)」
「マンマ(ごはん)」
「アンパンマン(アンパンマン、バイキンマン、ジャムおじさんetc)」
のみ!

と、判っていても。

九州へ向かう車の中で

切ない声で
「アンパンマン…」

と、呟く姿に心を痛めなかったわけではありません。

その度に、みんな、耳を塞いで
「わーーーーー」
って、なってたんだからね。

5時間かけて、久留米に到着。
久留米の「大砲ラーメン」にて、
ちょっと遅い夕食。
KURUME.jpg
私のラーメンをとりわけて
弟に食べさせていたのですが

やっぱりとんこつは最高ですな。

バキュームのように
弟の口に吸い込まれて行く麺を見て、
若干、心を取り乱しておりました。

替え玉、という制度がなかったら
私、息子の口を塞いでいたかもしれません。

食事を終えると、
閉店まぎわのゆめタウンで
つまみや、焼酎や、朝ごはんを買い込み。

長崎のIC近くのパーキングに着いたのは23時過ぎ。

チャイルドシートを運転席に詰め込み。
後部座席をフラットシートにして、
寝るスペースは
助手席に一人。
後ろに三人。

さぁ、酒盛りだ!

今年の兄。
2011_0504画像0009
2年前の兄。
5.2 50 
裂けるチーズを愛す兄。
裂けるチーズを、裂かずに丸ごと食べようとしたら
本気でグーパンチを繰り出す兄。

器が小さいぜ!

パイナップルの汁まみれの弟。
パイナップル

この後、2時まで、寝ないんだぜ!

それまで、たっぷり5時間寝たからな。

ダンナが抱っこで散歩しながら寝かせ、
その間、私はいいちこを煽り。
2時半に、再びお休み前の酒盛りをして
(兄も一緒に)
就寝したんだ。

兄が助手席で。

後部座席にダンナと私と、間に弟。

朝起きて。

寝た時のまんまの格好で
コンパクトに収まる私の姿に。

「私。ベビのことを思って
 すごく窮屈な体制で寝たんだわ」

と自己満足に浸っていたら。

目が覚めた家族から、総ブーイング。

聞けば、夜中にバターーン、バターーン、と
暴れまわり、ベビを潰していたらしいのだ。
はたかれたベビは泣き叫び、
その泣き声に兄は眼を覚まし、
ベビを庇うように、ダンナは夜を過ごしたらしい。

どうやったらそんな口車を合わせられるのかね。

私はこんなにも、コンパクトに収まっておる形で
今、目を覚ましたではないか。


Category :  日記
tag : 
うちのお隣さんが、車関係の会社をしている。

この間、ダンナが新車ゆえに
洗車をしていたとき、
小さな傷を見つけて
私を呼び出し、

「お前が、どこかにぶつけたんだろう?」
「私じゃねぇべ。兄だべ」

と、いう話をしていたら。

お隣さんが、ふっと、現れて、
傷消しの薬剤を持ってきてくれて。

「こんなのだったら、
 いくらでも、使ってください~」

と、声をかけてくれた。

や、優しい。

今日、兄が友達と家の前で
夕方、という時間を過ぎても遊んでいたら。

いきなり玄関が開いて、

「おかーさん、これ、隣の人から貰った。
 前から、渡そう、と思ってたんだ、ってね」

と、新品のバットを手にやってきた。

イチローモデル!
おかんは、よく判らないけど、
バットって、高くないかえ!?

表に出たら、もう、いらっしゃらなかったので
後日、お礼にいくとしよう。

なななんて親切なのだ!

暗い家の前に、区役所に頼んで
街灯を設置してくれたのも、彼なのだ!

きっと、私のことが気に入ったからかもしれない!
きっと、そうだ!

昨年の冬。
迷いインコを保護した話。

その際に、逃げ回る迷いインコを、なかなか捕まえられず、
籠を持って、オロオロしていたとき、

ふっ、と、私の頭に止まり。

床をはずした鳥かごを
とっさに頭に被った私を
気に入ったからに違いない!

「インコちゃん。
 さぁ、おいで。」

と、可憐に、人差し指をさしだし、
人をみる動物(鳥)は
すーーっと、その指に止まり。

難なく、鳥かごに保護し、
「ごきげんよう」
と、去る。

訳でもなく。

「ギャーーー!
 コラ!インコ!
 どうしたら、籠に入ってくれるの!」

と、大騒ぎしているうちに、
鳥の巣と間違うかのような、私の頭に止まり。

「今だ!」

と、自ら鳥かごを被った、隣人の女を、気に入ったに違いない!

その姿を自分で見たわけでもないけど、
年賀状にしてぇくらいだ、と、思ったもんだよ。

だから、親切にしてくれるのは
あのインパクトが理由だ!きっと。
Category :  兄の生態
tag : 
たくさんサッカーのチケットを貰ったので
兄(6年生)の友達を誘いました。

兄を入れて、4人。

もう、6年生なので
親と一緒に観たくないだろう、と
現地で解散させました。

行きがけに、ドリンクを一本ずつ、好きなのを買いな、と渡して。
小遣いをちょっと持たせて。

お昼ごはんも食べた状態だったので
1000円あれば、カキ氷食ったり、
焼き鳥一本食ったり
ガチャガチャで、ちょっと遊んだり出来るやろう、と。

うちのバカ息子、
「ガチャガチャ3回やって、カード買ったら
 お金、なくなっちゃった、テヘヘ」

持たせたドリンクも飲み干し、
「ジュースを買う金がなくなったので
ちょっと、飲み物わけて」
と、ヘラヘラやってきました。

バッカモン!

お前には、もう、小遣いやらん!

行きと、帰りの車の中だけ
息子の交友関係を覗き見したのですが。

逸材を発見しました。

ダンナも、自分のアンテナに引っかかったようでした。

H君は、ちょっとポヤ~ンとした話し方をする男の子。
顔は男前だけど、喋ったら、独特の雰囲気を醸し出す。
なんだ、このギャップは!

行きの車で弟が寝てしまい。

みんなで、
「あ~、寝ちゃったね」
って、言ってたら、
「この子は、置いていくの?」
ポヤ~ン、と言う。
「ううん。一緒に連れて行くよ」
「ふ~ん」

「チャンスになったら、タオルを振り回すから
 タオル、持って来いよ」

と、兄が言ったら

「判った、温泉タオル持って行く」

と、返したのも、この少年だ。

会うなり、
「ちょっと、カバンの中身見せて見せて。
 こういうときって、みんな何を持っていくのかね」

って、言っていた、あの子でしょ!

すんごい、私のハートを鷲掴みなんですけど!

おっと。
そう言っているうちに、サンフレッチェのチャンスだぜ!
H君!
温泉タオルを振り回す時だぜ!

帰りの車の中でも。

同時刻に、カープが試合をしていたので
ラジオをつけて、試合の行方をチェック。

このところ、カープは連敗。

ファンは、みんなヤキモキしておる。

H君は、聞けば、カープの選手の直筆サインを
たくさん持っておるような、カープファンらしく。

結果はどうなんだい。

皆、ラジオに耳を澄ます。

ダンナが、言う。
「あー。試合、終わっとる。
 負けたわー」

車内が絶叫に変わる中で、H君はただ一人、

「すっげぇぇぇぇ!カープ、スッゲェェ!」

いやいや。
カープ、スゲくない、って事でしょ。
それとも、連敗記録を伸ばしたのが、
逆に。
逆に、スゲかったのか。

皆一様にがっかりする中で
キラキラしたH君の声が
私の中では、光っておったね。

皆、家まで送っていくよ

という話になって。

じゃ、H君の住んでるマンションが
皆の家と近いから、って事で。

「(マンションの名前)の前まで、お願いします」

と、言われ。

マンション群が立ち並ぶ中、
「おばちゃんたち、あんまり知らないから、
(マンションの名前)の場所、教えて」

と、言ったら、みんな、
あー、もうすこし、まっすぐです、
もうちょっと先です、

と、言っておるのに、H君は

「(マンションの名前)って、どこだっけ?」

と、言い。

全員に、一斉に
「お前の家だよ!」
と、突っ込まれていました。

皆を降ろし、帰りの車の中で、兄に、

「H君って、面白いなぁ」

と、言ったら。

「すごい天然デショ。
 さっきもさ…」

そうそう。
このくらいの歳の男の子って、
結構淡白なのかな、って思っていたら
弟(1歳)を
「抱っこしてもいい?」
と、遊んでくれたり、
イェーイ、とハイタッチしたり、
顔やら、体やらつついて、
「かわいいなぁ、かわいいなぁ」
と、かまってくれてたんだよね。
車に乗ってからも。

「あの時、他の二人は
 ベビのこと、かわいい、かわいい、ってつついてたけど、
 H君は、その間、俺のことを「かわいい」って、つついてたんだよね」

すんごい、ボケではないか。

小学6年にして、このボケのテクニック。
ボケを、ボケとも思わせない天然ぶり。

大変、勉強になりました。
Category :  日記
tag : 
サッカー観戦のチケットを貰ったので、
妹家族と、息子の友達を誘って、行ってきました。

去年に1回来たときも、
ナイターゲームで
ギリギリの時間に行き
そそくさと帰ったので

ゲーム以外の、スタジアム周りの事情が
20年前から、様変わりしておるのに
たいそう、驚きました。

こんな、フードフェスタみたいになってたのか!

あっちには、フェイスペイントや、バルーンアートとかしてもらっておる!

ウガ!
血圧まで測ってもらっておるよ!

18年前は、ホームの試合を
全試合観に来たものだ。
ユニフォーム来て。

サッカー漫画「ジャイアント キリング」を
体現している感覚になりました。

サッカー選手じゃなくて、
腹の出ているサポーターのほうを、ですが。

見よ。
あの、サポーターの一糸乱れぬ動きを。

すげぇなぁ。

一緒に来た、今年大学に入った姪っこが
「私、サッカー観に来たの、今日が初めてなんだけど。」

18歳か。

そうだね、そうだね。

君が生まれた時、
まさに私はあんな若者だったのだよ。
ビールを飲んで、大声張り上げて。

「私、次はあの、サポーターズシートに行ってみたい」

目をキラキラさせておるので。

おねえちゃんはね。
実を言うと、あんまりサッカーを観てなかったかもしれない。
単に、お酒のんで、大声出したかっただけかもしれない。

なんて事は、言わないでおこうか。

「ホラ。なんか、ライブと同じ感覚じゃん」

何だよ。動機は、私と似たようなもんやんけ。
ワーーーっと騒ぎたいんだよね、きっと。

そうか、そうか。

まだ、ハイハイも出来なかった君に、
レプリカのユニフォームを着せて
おすわりさせて、写真を撮ったりしたね。

あれは、二歳くらいだったろうかね。
泊まりに来た君が
母親が恋しくて、寝ないで泣いていた時。

「車で、ちょっとドライブするか」

と、言うと、
さっきまでワーワー泣いていたのに、ピタッと泣き止んで、
ちゅっちゅするタオルケットを持って、

「さぁ、行こうか」

と、立ち上がった君を、
ポカーン、と眺めた夜を思い出すよ。

君が結婚するときは、
私、たぶん、泣いちゃうなぁ。
きっと、お酒もたくさん飲んじゃうなぁ。
そんで、酔っ払って、クッサイ台詞を言っちゃうんだろうなぁ。

私の結婚式前夜に。
君の母親(つまり、妹)が、
今の君のパパと再婚するって決めた話を聞いたときに。

「幸せになりなよ」

と、言ったような、クッサイ台詞を。

うわわわ。
今、無性に頭を掻き毟りたくなったわ。

君も、結婚とか、漠然とだけど
考える年頃になったでしょうか。

中学生の頃の進路は
「バンドを組んで、東京に行く。
 結婚はしない。
 結婚をすると、バンドが駄目になる」

そんなことを語った君でしたが。

頭を掻き毟りたくなりましたか?

道連れですよ。

そんな、サッカーとは全く関係ないことを思いながら
観戦しておりました。
プロフィール

ピヨ

Author:ピヨ
クリスマスプレゼントが髭剃りだった長男(14歳)と、
貫禄ありすぎて年長に間違われる年少の次男(4歳)と、IKKOに似てる、とネタにしてたはずなのに、正月姪っ子にマジで「IKKO」みたいって言われてへこんでいるマミィの日記だべ。

(c) kihiro

着グルマー★点取り占い
双子ママ点取り占い
双子点取り反面コラボ
日田んもん点取り占い
最近の記事
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー

リンク
今日のひとコマ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。