ひとり言

Home  >  2014/07
Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  兄の生態
tag : 
人のふり見て、わがふり直せ。
昨日、それを痛感しました。

自分が嵌った映画。
のめり込んでいる本。
胸熱な展開に、自分を抑えきれなくなって
ファミリーの面々に
今、読んでいる途中の本を置いてまで
「これ、チョー面白い!」
って、押し売りを始める癖があります。

分かってます、分かってます。
全く関係ない話を、いきなり興奮度MAXで語られても
面倒くさい顔になることを。

それでも、
「へぇ~、そんなに面白いんだ。楽しそうだね」

例え、社交辞令でもいい。
そんな風にちょっとは私に興味を持ってくれてもいいじゃないか。

私が口を開くと、
「あー、また始まった。
 話長いから、聞きたくなーい」
って、耳栓すんなや。

私の話に、上から被せるように
そんな風に言って
話し始めても、PCの画面に目を向けたまま
相槌の一つも、打ちゃしねぇ。

お前らには、一生、話をしないんだからなぁぁぁ!

って、喚くを、何万回と繰り返してきましたが。

今まで、話したいばっかりなのは私のほうでしたが、
初めて、逆転の立場になりました。


今まで全く本を読まなかった兄(14歳)が、
朝読書のために、私の本棚からこれを選んできました。
i-jisu.jpg
ハードカバーは辞書サイズ。
しかも、文字は小さいし、二段やぞ。
この間まで、ライトノベルしか読んでなかったのに
ハードル上げすぎじゃね?
というか、好きな子が、読書家なのか?

「もんげ~(←妖怪ウォッチの影響)でかい本を、
 学校にもっていって、
 友達に「もんげ~」って笑いをとりたい」

そんな理由で読み始めた本でしたが。

帰ってくるなり
「これ、チョー面白いじゃん!
 (もんげ~、って言うのを忘れておる)
 めっちゃ、嵌ったんですけど」

と言って、受験生なのに
勉強もせずに、読み込み始めました。

聞けば、これを教室で開いていたら
「お前、ハリーポッター読んでんのかと思ったー!」
「ギャハハハ」
という、想像したようなリアクション以外にも、

「あー。これお前読んでんの?
 俺も読もうと思ったんだけどさ、
 ブ厚すぎて、断念したわ」

とか、食いついてくれた人が想像以上に多かったから
嬉しくなって、というのが、理由みたいでした。

ただ、その嵌り方が、相当うっとおしくて。

「辺野古ディストラクション、ってこれの事かー」
「ヤバイ、チョー話が乗ってきた」
「辺野古ディストラクション、やべぇわ」
「胸アツの展開!」
「辺野古ディストラクション、ネットで調べてみよう」

お前、『辺野古ディストラクション』って
言いたいだけだろう。

あああ。ウザいなぁ。
私、こんなんだったんだ。

子供は知らぬ間に、親のマネをすると聞くけど
ホント、恥ずかしい。
自分の寒い姿を見せられているようでした。

途中で、私の感想を求めてくるのだけれど
そんな昔に読んだ本、覚えてねー。

ただ、すごいどんでん返しがあったことは覚えていて、

兄はだいたい、ネタバレとか、本の最後をまず読んで
犯人や流れを知ったうえで読むのがオレ流、とか普段言っているので、

「今、北朝鮮の工作員が…」
と、言っていたので、
「あ。それ、工作員じゃないっす」
って、ネタバレしたら、
もんのすごい、怒られた。

ネタバレ上等、じゃなかったの???

「俺の楽しみが奪われたぁぁ。
 もう、お母さんは、喋るな」

って、言われました。

結局、どちらにせよ、
私、本について
喋っちゃだめなのかよ。
スポンサーサイト

2014/07/03
泥棒ひげ。

Category :  弟の生態
tag : 
弟4歳が、昼寝から帰ってきません。

夕食時に起こしても起こしても、
あちらの世界に行ったまま
戻ることはありませんでした。昨夜。

よっぽど疲れたのか、
具合が悪いのか。
それとも、その前の晩の夜更かしのせいでしょうか。

夜更かしのせいでしょうね。

と、言うわけで、
このままもう、朝まで寝かせておくか、となっていたのですが。

深夜二時。
そろそろ私も寝ようかな、と思っていた頃に
「おはようございます」
と、むっくり起き上がってしまいました。

完璧に目が覚めたご様子。

あわわわ。

まだ、夜中ですよ。

げっそりした顔で
「お腹が空いたけど、ごはん食べちゃだめよねー?」
と、聞いてくるので、
(げっそり顔で、上目使いに)

「ちちちょっとだけだぞ」

と、言って、塩むすびと、夕べの残りのなすと豚のみそ炒めをほんの一握りお皿にいれて
ただ今、食している最中でございます。

あ~あ。
変な時間に飯食わしているなぁ、と
ちょっと罪悪感であります。

さっき、水を飲んでから、自分の顔を指さして、
「見て、見て」
と、アピールしてきました。

牛乳のんだら、口の周りにひげができるじゃないですか。
「泥棒ひげ」みたいなやつが。

それを、水を飲んだ時に、
鏡を見ていないけれど、ついている気がしたんでしょうね。
口の周りの水分が、ひげっぽくなってね? って。

牛乳は白くなって、「泥棒ひげ」になるけれど。

水は、白くならないって、分かっているから
「泥棒ひげ」じゃなくって、ええっと…。

「おかあさん、見て、見て。
 水どろぼう


おい。
「髭」はどこへ行った。


プロフィール

ピヨ

Author:ピヨ
クリスマスプレゼントが髭剃りだった長男(14歳)と、
貫禄ありすぎて年長に間違われる年少の次男(4歳)と、IKKOに似てる、とネタにしてたはずなのに、正月姪っ子にマジで「IKKO」みたいって言われてへこんでいるマミィの日記だべ。

(c) kihiro

着グルマー★点取り占い
双子ママ点取り占い
双子点取り反面コラボ
日田んもん点取り占い
最近の記事
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー

リンク
今日のひとコマ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。