ひとり言

Home  >  スポンサー広告  > 切ない話。Home  >  日記  > 切ない話。
Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/02
切ない話。

Category :  日記
tag : 
ダンナの実家で食事だ。どこぞのブログに刺激されたようにハンバーグだよ。酒を呑む義理父の為の刺し身を買いに、ダンナが近くのスーパーへ。

「そういえばさ…。」
実家へ向かう途中、レクサスが停まっているのを見て、思い出したように話し始める。
「今日、買い物に行った時にさ、こんな高級車が駐車場に停まってたんだよ。ベンツでさ、中に人が居たんだけど、若い人で、スーツをバシッと着てさ。」
「こっち系っすか?」
「いや、そっち系じゃなくて、ヤンエグ系の(久々に聞く単語である)これまた高級げなスーツを着た人で。見たらさ、車の中で、何か食ってんのよ。」
「ふんふん」
「忙しくて飯を落ち着いて食う時間もなかったんだろうな、と思ってちょっと見たらサ…」

その彼が食べていたものは食パンであった。
「食パン? あぁ、ああいうのかな、よく売ってんじゃん、食パンにバターと砂糖が乗っかっている菓子パンみたいな奴でしょ。」

なぜかその彼を弁護しようとしていた。アタシは(そんな訳ないデショ)と、自分を納得させようとしていたのかもしれない。見間違えだよ、食パンじゃなくて、それは食パンの形に見えた何か他の軽食だったに違いない。あれ、時々食べたくなるもん。疲れた体が欲したのかもよ、セレブでも。セレブでも人間だ。庶民的なもん食べたくなるさね。

「いや、そういうのじゃないんだ。本当にフツーの食パンを、何も付けないで食べてたんだ。しかもさ…。」

スーパーのサッカー台に取り付けてあるようなビニル袋に一枚を入れてどうやら自宅から持ってきていたらしい。そこまで見たという事は、ダンナ相当じっくり観察したようだ。やがてそれを一枚食べ終えると、彼はおもむろに鞄の中(だろうね)からもう一袋ビニルを取り出して、そこに包まれた一枚を食べ始めた。

スーパーの駐車場で。

ムスビ、100円も買わずに。

自宅で一枚、一枚、セルフパッキングした、食パンを。

立派なスーツを着て、高級車の中で。

ダンナもアタシも言わない。
いい車、乗ってんだからサ、むすびくらい買ったらいいのに、と、言えない。
高級車に乗ってんだから、イイ服着てんだから。
そんな突っ込みを、何故か言えなかった。

ただ、ちょっと泣けてきたね。


友人(男)の話。彼が大学時代、テニスの試合の遠征先で、
金を用意されていたにも関わらず、全てパチンコに使ってしまい、
食事をする金すらなくなってしまった。
困った彼らは、安い食パンのミミ(端っこの部分である)をパン屋でごっそり袋で分けてもらい、それを食って忍んだのだ、惨めだよ~、という話をしていた。

何言ってんだい!
それは、小さい頃、我が家の主食だよ。

何か、ベンツ食パン男の話を聞いて、その事を思い出してしまった。

いいさ、いいさ。貧乏してもミエを張りたい年頃なんだろ。
アタシん家は、ミエすら張れなかったがね。

でも、食パンのミミって、結構旨いのデスよ。
普通のミミは敬遠するくせに、裏一面がミミだと、焼くと結構カリッとしてて、「オツな食感」なんデスよ。

今でも、売ってんのかなぁ。
3斤分入る袋(近くのパン屋さんは、その長い1本を自分の店でカットして1斤づつ売っていた。普通に店で売っているのは1斤分である)いっぱいのパンミミで、当時(25年くらい前)30円だった。

そのベンツのお兄さんに、教えてあげたい気持ちになっちゃった。

ダンナも黙っちゃった、って事は、この人もそういう切ない経験があるのかなぁ。

コメント


本当に…何とも言えない気持ちになりますね。
服装や持ち物だけで、決して人を測れるものではないと、
改めて思いました。


…ちなみに私もパン耳好きです。
実家ではトーストの時に切り取ってたのですが、
その切り取った耳を改めて食べてました(笑)。
香ばしさがいとよろし。
2007/07/02 23:21  まゆみ  URL  #oM6tt0T6  編集


近所の川に白鳥が飛来します。
そのコ達の為にいつもパンの耳を注文しにお客さんが来店。パン業者に発注。
ゴミ袋(5~8キロ)に入ってきます。…産業廃棄物か?
お腹空いてる時は、私が突きそうになります。
2007/07/03 07:51  かなで  URL  #NqNw5XB.  編集


>まゆP
昔、サンドイッチ作ったときに出る、大量のパンミミを油で揚げて、砂糖まぶしたやつを母親に作ってもらったな~。でも、あまりに大量で消費出来なかった気がする。

>かなでちゃん
ご、ゴミ袋?
ちょっとすごい光景かも。
でも、有効利用されてよかったね。
うちで期限切れになった食品を廃棄処分するとき、かなり勿体ない気がして罪悪感。っつーか、うちなら食べられるのになー、なんて。
2007/07/03 18:40  ピヨ  URL  #-  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://peanutsbaku.blog102.fc2.com/tb.php/128-5591e3b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ピヨ

Author:ピヨ
クリスマスプレゼントが髭剃りだった長男(14歳)と、
貫禄ありすぎて年長に間違われる年少の次男(4歳)と、IKKOに似てる、とネタにしてたはずなのに、正月姪っ子にマジで「IKKO」みたいって言われてへこんでいるマミィの日記だべ。

(c) kihiro

着グルマー★点取り占い
双子ママ点取り占い
双子点取り反面コラボ
日田んもん点取り占い
最近の記事
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー

リンク
今日のひとコマ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。