ひとり言

Home  >  スポンサー広告  > 反省。Home  >  日記  > 反省。
Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/20
反省。

Category :  日記
tag : 
ううん。

またケンカしちゃった

「アタシ、飲んでないから、車で行くで!」
先読みしたダンナが車の鍵を隠した。

まーた自分が抑えられなくて
オトナゲなく、突発的に飛び出して。

後から聞いた話では。
息子、紙に書き出して
「オカーサン、これからどこへ行くか。
  1.ネットカフェ
  2.カラオケ
  3.太田川の河川敷
    ・
    ・
    ・  
    ・
  10.もう、帰ってこない、うわーーーん」
と、泣いたらしい。

1番、正解です。

っつーか、紫芋酢効果で、お腹が張って、
数時間で帰宅したのですが。

申し訳なくて。その息子の言葉を聞いて。
こっちとしては、頭を冷やす為に家を出るんじゃん、と思っているけど、子供はそうだよね、わかんないもんね。

そろそろ、いい加減オトナになろうよ、アタシ。
と激しく反省。

明け方、帰って来て、焼酎呑みながら本読んでいたら
5時くらいにいきなり
「ドスンッ。ギャーーーー」
って声が窓の外から聞こえてきた。

なんだ、なんだ、と耳を済ませていたら、
(以前から明け方に「オエーーーー」と吐くような声が聞こえていた)

「殺す!こいつ、殺したい!」

という女の子の声。

間髪いれずに、
「おかーさん!おかーさーーん!」
の、その子の声が響いて、
こちらにはその子の声しか聞こえなかったんだけど、
「こいつ、いっつも酔っ払って絡んでくる。
 もう、殺してもいい!?」

合間に壁か床を叩きつける音が響いてきて、
ちょっとドキドキした。
(しかも、サスペンス小説を読んだ後だから。)


ちょっと冷静になった後で、
ウチの隣の一人暮らしのおばあさんは
きっと、もっとコワイ思いをしたんじゃないか、と思う。
夕べはアタシが
「こんな家、出て行ってやる!」
といい、
明け方には裏の家から
「殺してやる!」
の声が聞こえたんだから。

ヒトの振り見て、我が振り直せ。

おっしゃるとおりでゴザイマス。

「ケンカするほど、仲がいいっていうけどね。
 ほどほどにしてよ」

僅か7歳にそんな台詞を吐かせる、ダメ親でゴザイマス。
そうやって、自分の感情を押し殺す子供になっては
申し訳がたたないのであります。



ダンナとの問題はこれから話合うとして、
息子には「人間の間には、話し合いが必要なのだよ、でも、心配後無用、とりあえず」
というフォローが必要だ、と思いました。

で、付き合って13年目(偶然にも)という理由にかこつけて
息子に仲良しアピールをしてきました。
20071120004043.jpg

気持ちが行ったりきたりだよ。

「話し合い」
は必要だとしても、不安がらせる事柄を小さな子供には見せたらいけないな、と痛感しました。
(実親のケンカを目の当たりにしたのは10歳を過ぎてからだったけど、
 世界の終わりか、のように2階で一人で泣いたもんね)

コメント

確かに。
隣のおばあさんは、怖い思いをしてたかもしれませんね(笑)

私も昔はよく喧嘩したなー。
旦那とも親ともよくやりました。

うちは旦那が家を出ていくパターンで(マスオさんだから)
私は真冬に裸足で追いかけてボンネットに飛び乗るような大技もやったことがあります(爆)

最近は怒るパワーがなくなってきて、
滅多に喧嘩しなくなったけど、
怒るのって疲れるんだよね。
てか、無駄な抵抗をしなくなるって言うか、
諦めきってしまうって言うか、
子供が大きくなってくると喧嘩の原因になるようになることがなくなるって言うか
それ以前に接点がなくなるって言うか(問題発言だww)

あと10年過ぎたらあの頃は…って思うようになるかもよ♪

だから怒れるうちは怒ってもいいんじゃないかなって、なんかよくわからない説得の仕方だね(笑)

ただ、子供さんに心配かけるのは良くないね。
子供さんの前だけでは、お父さんの悪口や先生の悪口って言わないほうがいいと思う。
大人が信じられない子供になっちゃうから♪

って乙武さんが言ってました。(*^_^*)

2007/11/20 08:55  betty  URL  #mQop/nM.  編集


喧嘩して、
その間で娘は必死にふたりを笑わせて、
おもわずふたりで吹き出して、
最後に『ごめんなさい』まで言わされた。

子はカスガイ。
育てながら、育てられてるね。
わたしも日々反省の毎日です。

今日はイイ事だけ言って、帰ります。じゃっ
2007/11/20 16:03  ぱち  URL  #-  編集


私の場合は、子供時代、父が暴力的で、ものすごく怖くて、いまだにそのトラウマもあったりします。

なので「こどもに喧嘩は見せない」←これが大前提だったもので、@になってから話し合うんですけど、怒りをそのままぶつけることなくて逆にしらけるっていうか・・・。
あのとき こう思った、こう感じた、って@からいうのって、冷静に話し合えていいのかもしれないけれど、でも、そのときの気持ちが伝わりにくい気もします。
気持ちが冷えすぎて。

だから私は なんとなく羨ましいです、逆に。
いい方法ないものか・・・。
2007/11/20 18:56  抹茶  URL  #X5XodAgg  編集


さっき、外で年配の夫婦?らしき言い争いが聞こえてきました。。。。。
女の人が取り乱している様子・・・(T_T)
その後、すぐに車?に乗ってどっか行っちゃったけど。。。

怖かった・・・。


あ、、、私、生きてますよ(^_^)v
2007/11/21 00:51  細木すよん  URL  #SFo5/nok  編集


子供の前に『ラブラブだぜぃ』と見せてやれるのは
非常に羨ましいと思うのさ。
大人だって人間だもの、怒りが爆発?イイじゃない。
後のフォローがしっかりしてるよ・ピヨさんは!

あたくし、妹(当時1歳)をおんぶして
兄(当時3歳前)を横に
ダンナの前で仁王立ち。
隣町まで聞えそうな大声でダンナを罵倒。
妹の表情は見えないが、兄は小さいクセに
あたくしとダンナに背を向けて、座ってミニカーを転がしていました。怒鳴りながらも『ちっこい子供が気を使って逃げるでもなく・泣くでもなく・・・聞えないフリしながら側を離れない。つらいな』と思っていました。
その後、離婚とあいなってラブどころか兄の心のケアも出来ぬままです。
情けない親でござる。

今日も走った校庭2週。
あ・ウソ。1週は「足を高くっ!あごを引くんだっ!」と兄に言うだけ・・・。歩いた歩いた♪
2007/11/21 01:02  母上  URL  #-  編集


>bettyさん
あぁ、bettyさんのイメージをちょっと修正しなくてはいけません。
オトナのオネイサン、と思っていたのですが、
その間に「アクロバティック」を付け加えなければいけませんね。

ボ、ボンネットの上~!
ジャパン・アクション・クラブばり!
志保美悦子~。

いや、ホント、オトナ同士ならいいけれど
子供の前ではしちゃいけなかったデス。

>ぱち姐
うん、うん、そうですよね。
間に入って、ね。
何とかしようとするんですよね。

今回のアタシは、それに甘えて(慣れて)エスカレートしてしまったようです。

あの怯えた顔、忘れられないッス。
うぅ、反省。

>抹茶さま
子供を叱るとき、一呼吸置く。
そんな育児法がありますが
(なかなか実践出来ませんが)
それって、オトナでも同じなんでしょうね。
他人だったら遠慮があるから
距離を置けるけど、ダンナだと子供と同じでストレートに感情が出てしまうから。
子供を感情的に叱る時と、何か似てました。

>細木すよん さま
ホント、隣のおばあちゃんには申し訳なくて。
詮索するタイプではないから、
きっと一人でドキドキしてたんだろうなぁ。

すよん細木が巻き添えにならなくて、良かった、良かった。

>母上~。
切ないね。
側を離れない、かぁ。
多分、嫌だな、って思っても離れられないんだろうね、小さい子はね。
アタシに照らし合わせて考えてみて、また切なくなった。
「泣くな~、泣くな~」
って一緒に泣きながら涙拭いてくれたり。

ただ、母上はそこから踏み出せたんだもん、エライよ。
抜け出せなくて虐待まで走ってしまうヒトもいると思うし、なんかちょっとそういう気持ちもワカル気がするし。

あ、母上、監督のように指示してたのですね。
走らなくて正解。
だって、走れないんだもん。
2007/11/21 04:09  ピヨ  URL  #-  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://peanutsbaku.blog102.fc2.com/tb.php/275-2a4bfd7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ピヨ

Author:ピヨ
クリスマスプレゼントが髭剃りだった長男(14歳)と、
貫禄ありすぎて年長に間違われる年少の次男(4歳)と、IKKOに似てる、とネタにしてたはずなのに、正月姪っ子にマジで「IKKO」みたいって言われてへこんでいるマミィの日記だべ。

(c) kihiro

着グルマー★点取り占い
双子ママ点取り占い
双子点取り反面コラボ
日田んもん点取り占い
最近の記事
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー

リンク
今日のひとコマ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。