ひとり言

Home  >  スポンサー広告  > 無題Home  >  日記  > 無題
Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/08/30
無題

Category :  日記
tag : 
昨日、になるのかな。

義理の母が亡くなりました。
親世代が亡くなるのは、この年になって初めてです。

何か、今まで身近でそんな経験がないせいか、
親業をしだしてから、
誰かの訃報を聞くと
どうしても「親」目線でものを捕らえていて、

「親は子供に対してこうしてあげたかっただろうな」

という方に割と重点を置いてみていたりしてて。

何もしてあげられなかった子供側の気持ちを
痛感しています。
っつーか、分かったようなフリして、
結構何にも分かってなかったのな。

今までの
「親を亡くされて、辛かったね」

と感じて掛けた自分の言葉の、なんと薄いこと!

ダンナが小さな子供のように泣きました。
一瞬だけ。
そして、「(泣いて)ごめん」
といいました。

何も言葉を掛けられなかった。

最期まで、おかん、泣き言いわんかったもんな。

「どれだけ大きくなっても、『おかあさん』は『おかあさん』だもんな。」

コメント


お義母のご冥福をお祈りします。

私の父の母、私にとってはばあばになるのですが。
ばあばが亡くなるときばあばが父の名を繰り返し繰り返し言ってたのを思い出します。
子供だった私には大人の事情なんてわからないんだけど父はばあばが死んでもしれーっとしてたなあ。
そのばあばと父の温度差が怖かった。子供ながらに。

おかあさんはおかあさんのまま死んだのに
子供は子供でなかったのか?
父親の普段の行動からしても心で泣いてたかどうかも怪しいのです。

親の為に少しでも泣いたダンナさまの話を聞いてホッとしました。不謹慎かもしれませんが。

私が死んだら息子たちは泣いてくれるかなあ。
2008/08/30 06:19  ひろぽん  URL  #-  編集


旦那様一瞬だけ子供に戻ったんだよなぁ。
偉いな、さすがそんなかあさんの子だよね。

普段喧嘩や憎まれ口をたたいてばかりでも
そこに愛があったか
ってのは最後のお別れの時に視えるな。
と見送る側に立ち続けて
実感してきました。
憎まれ口叩けるのもお互い生きているからこそ。

お義母様はたくさん子供からの愛をもらえたねぇ。愛と知恵しか持って行けないから
沢山愛を持ってって欲しいです。

お義母様のご冥福をお祈りいたします。
2008/08/30 11:14  うたかえる  URL  #kpjYxc8I  編集


男だって 泣いてイイ時だよね

親とのさよならは 最大の悲しみと思う
ワタシも母が亡くなって10年以上経つけど
今だにソノ事以上の悲しみはナイのです

今 旦那様の隣にはピヨちゃんが居るから
心の拠り所はバッチリですね

お義母様のご冥福をお祈り致します
2008/08/30 11:25  FUBUKI  URL  #p6CkwyQg  編集


お義母さん 天国へと旅立ったのですね。
あたくしも子供目線よりも 親目線で世界を見てしまう傾向にあります。子供はいつまで経っても子供って。

多分お義母さんもそうだったんだろうね。
ダンナさんはいつまでも息子。
もしかしたら 小さいままの息子だったのかも。
「この子が何不自由なく 幸せに歩んでいけますように」
そんな気持ちだったろうな。

お義母さまのご冥福をお祈りします。
2008/08/30 12:34  母上  URL  #-  編集


親が亡くなるのは、凄く辛いね。
私の母が亡くなったのは、赤ちゃんの時で記憶に無いけど、覚えてないはずの母親の存在が凄く大きくなってきてる。

ずっと一緒に生きた親子だと、更にその存在は大きいと思うから、亡くした時の悲しみは計り知れないと思う。
爺ちゃん亡くなった時に、人前で泣いた事無い父が号泣してたもん。
いくつになっても子供は子供なんだね…

親には長生きして欲しいなぁ…
あ…父と婆ちゃんいなくなったら、私の家族なくなっちゃう。
と思ってしまうから、早く自分の家族を持ちたいなぁ。
2008/08/30 23:56  サリー  URL  #-  編集

ご冥福をお祈りします
愛する人との別れはやはり辛いものです。
それはもう大人だからとか男だからとか関係なく…。
いつかは訪れるものなのですけどね。
悲しみは長い歳月と共に癒すしかないですね。
私も30年近くかかったな。
親孝行してやれなかったと子どもは後悔したりするかもしれないけど
親目線になると、生まれてきてくれただけでも親孝行だよね。
お義母さまのご冥福をお祈りします。
2008/09/01 00:46  betty  URL  #mQop/nM.  編集


お義母様のご冥福をお祈りいたします。

アタシは父親が20年前に蒸発し、居場所は知ってるものの連絡もとらねぇし、血の繋がりの意味もわからない欠陥があります。

そのせいか、
>ダンナが小さな子供のように泣きました。
の部分で、不謹慎ながら羨ましく感じました。

子供の最大の親孝行は先立たないことだと聞きます。旦那様は親孝行ですね。

人が亡くなるということは辛く苦しいし身内でしかも一親等なら尚更だと思います。
ピヨ部長の前だから旦那様は泣けたんだろぉなって想像して、良きご夫婦を思い描きました。


2008/09/01 12:24  パタコラン  URL  #lICd2zaU  編集

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/01 17:36      #  編集


読んで
母親ってもったいない存在だなと思った。

うちの夫もピヨさん夫と同じ様だった。
掛ける言葉もなかった。
ごめんとは言わなかったけど
周り気にせず落ち込んでた。

今回のピヨさんの旦那さんとか
ネグレイトされてもかばう子供とか、
母親ってなんてもったいない。

私も父が突然他界した時は
自分を作る細胞の半分の出所不明な
なんだか不安な感覚があった。
そんな細胞単位で悲しくなった覚えがある。

母親ならもっとなんだろう。

息子の母親でいる幸せを
もったいなく一生噛みしめよう。

2008/09/07 00:53  ダダママ  URL  #/LEyZTq6  編集


>ひろぽんさま
そうですね。
何か、ダンナはあまり感情を表に出さないので、あんな風に泣けたのを見て、
ホント、自分でも不謹慎ながら、ほっとした部分がありました。
ダンナが泣いたのを見るのはこれで2回目です。
1回目は、アタシが泣かせました。口ゲンカにて。
息子が大人になった時、泣いてくれるかなぁ。

>うた姉
ホント、いい人過ぎたんです。
逆に「アタシはお義母さんみたいにはなれない」って、よく暴れてたなぁ。
嫌なシュートメで暴れるならまだしも、
よいシュートメで暴れちゃうんだから、どうしようもないなぁ、アタシ。なんてことを今更ながら考えました。

>>愛と知恵しか持って行けないから
  沢山愛を持ってって欲しいです。

ううっ。グッときました。

>FUBUKI先輩
亡くなった当日と、お葬式の時だけですね、ダンナが泣いていたのって。
後は割といつも通り。
一人で抱え込んでるのかなぁ。

義母にはよくしてもらったし、実際哀しかったけど、
思ってみたら10年くらいなんですよね。
生まれてずっと育ててもらってた親が亡くなる辛さは比べようがありませんよね。

>母上~
自分がアラウンド40に足を突っ込んでいるのに、心はいつまでも10代のままのような気がしていますが、きっとそんなカンジなんでしょうね。いつまでも小さな子なんでしょうね。

心はいつまでも10代のままのような気がしていますが

母上。↑ここ、突っ込むなよ。

>サリーちゃん
そっか。そうだよね。
若くして亡くなったら亡くなったで
こうしてあげたかったなぁ~
こんなとき、どうするんだろうなぁ、
なんて、「もしも」を付けて考える事にもなるなんて、切ないなぁ。
育ててもらった年数じゃないね。
だって、生まれてずっと頭の隅にいるんだもんね、親って。
そう考えたらすこいな。
自分が死ぬまでの間、頭の隅に一番長くいるのは親なんだもんね。

>bettyさま
ここ最近、晩御飯をお義父さんとこで
食べているんですが、
帰ってからダンナと話すんです。
「どうしてお母さんがいる時にしてあげなかったんだろうね」って。
入退院を繰り返してたのに、
最初の頃は平日でも見舞いに行ったりしてたのに、
なんか、このままずっとイケルんじゃねぇか?って、勝手に思ってました。
あれもしてあげたかった、これもしてあげたかった、後悔だらけです。

>>親目線になると、生まれてきてくれただけでも親孝行だよね。

親目線で、自分の息子に置き換えて、この言葉を聞くと、救われますね。

> パタコラン さま
何を隠そう、アタシも欠陥人間です。
熱くなったり、涙もろかったり、酒呑んで説教したりするけれど、どこか全て自分かわいさ、が見え隠れしているような人間です。
だからね、ダンナが泣いた後で
「(泣いてしまって)ごめんね」
の言葉に、不謹慎ながら、びっくりしたのです。アタシがその立場だったら、絶対に「泣いて当然。悲劇のヒロイン」的な泣き方をしただろうな、って。
でも、そういうのって、親が亡くなって云々より、
「親に何もしてあげられなかった可哀想なアタシ」臭がしてるでしょうね。
あぁ、すごい欠陥人間だな、って自分の事だけど、思いました。ぐぇぇ。

>秘コメさま
いつもありがとうね。
ガンダムへの武力介入ミッションじゃないじゃないの!冗談ですよ。元気でましたヨ。
気が付けば夏休みも終わってしまい、
息子の科学研究も、先生に
「しばらく遅れます、スミマセン」
の手紙をだしたまま、結局バックレました。テヘッ。
さぁ、ぼちぼち、行きますヨ~。

>ダダママさま
読んでて思い出しました。
うちの息子、普段は鬼のように母が怒るから、「おかあさん、怖い」というのに、
ダンナと言い争い(いや、ちょっと過激な意見交換)してると、
「お母さんの言うとおりよ!」
って、味方してくれて。(多分、味方、だよね。『鬼をこれ以上刺激すんな、父ちゃん』って意味合いなのかな。なんか不安になってきた)
こんなに無条件に味方してくれるのって、子供くらいだよなぁ。自分の親は「あんたが悪い」って冷静だしなぁ。
ホント、普段それに気付いてないもんねぇ、もったいないねぇ。
2008/09/09 14:38  ピヨ  URL  #-  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://peanutsbaku.blog102.fc2.com/tb.php/436-2b1f8463
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ピヨ

Author:ピヨ
クリスマスプレゼントが髭剃りだった長男(14歳)と、
貫禄ありすぎて年長に間違われる年少の次男(4歳)と、IKKOに似てる、とネタにしてたはずなのに、正月姪っ子にマジで「IKKO」みたいって言われてへこんでいるマミィの日記だべ。

(c) kihiro

着グルマー★点取り占い
双子ママ点取り占い
双子点取り反面コラボ
日田んもん点取り占い
最近の記事
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー

リンク
今日のひとコマ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。