ひとり言

Home  >  スポンサー広告  > 産みの苦しみ?Home  >  日記  > 産みの苦しみ?
Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  日記
tag : 
GW直前、いきなり下腹部の激痛に襲われた。
子宮、というよりは、腸、だと思った。なんとなく。
体を1センチずらすだけで、息ができないくらい痛い。

「盲腸かも・・・」

これは大変だ。

しかも、激痛のポイント、その盲腸らしき辺りを
ベビがグリグリと蹴ってくる。
「や、やめれ・・・」

次第に悪いほうへ考えてしまう。

「癌かも・・・」

そう、思うだけで一気に気分は重病人だ。
トイレに行くにも、息子の肩を借りる始末。
だって、本当に痛いんだもん。

「どうせ、便秘でしょ」
って、ダンナは薬局で下剤を買おうとして、
薬剤師さんに
「妊婦さんに安易に下剤はオススメできません、早産のも可能性がありますから」
って言われ、頭の中が急に
早産早産早産・・・

「動くな、横になって安静にしてろ」

って言われると、益々
「だよね」
って気分になっちゃって。

翌日の参観日も
「お母さん、こんな情況だったら、行かれんかもしれん・・・」
「うん、しょうがないよ、早く良くなれ、早く良くなれ・・・」
って、お腹まで撫でてくれて。

翌日。

あらま、びっくりだよ。
本当に便秘だったよ、エヘヘ。
いつも、大袈裟な私だけど、
本当に腸の病気だと思ったんだよ。
便秘でこんなに死にそうになったのは初めてだってば。
あの時の家族の冷たい目線が忘れられないよ。

「え?便秘?ふざけんな」

ごもっともでございます。
その言葉、アタシのお腹に向かって一緒になって訴えたいでございます。



この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://peanutsbaku.blog102.fc2.com/tb.php/490-d6c2319e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ピヨ

Author:ピヨ
クリスマスプレゼントが髭剃りだった長男(14歳)と、
貫禄ありすぎて年長に間違われる年少の次男(4歳)と、IKKOに似てる、とネタにしてたはずなのに、正月姪っ子にマジで「IKKO」みたいって言われてへこんでいるマミィの日記だべ。

(c) kihiro

着グルマー★点取り占い
双子ママ点取り占い
双子点取り反面コラボ
日田んもん点取り占い
最近の記事
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー

リンク
今日のひとコマ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。