ひとり言

Home  >  スポンサー広告  > 鳥かごを~被る~女~。Home  >  日記  > 鳥かごを~被る~女~。
Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  日記
tag : 
うちのお隣さんが、車関係の会社をしている。

この間、ダンナが新車ゆえに
洗車をしていたとき、
小さな傷を見つけて
私を呼び出し、

「お前が、どこかにぶつけたんだろう?」
「私じゃねぇべ。兄だべ」

と、いう話をしていたら。

お隣さんが、ふっと、現れて、
傷消しの薬剤を持ってきてくれて。

「こんなのだったら、
 いくらでも、使ってください~」

と、声をかけてくれた。

や、優しい。

今日、兄が友達と家の前で
夕方、という時間を過ぎても遊んでいたら。

いきなり玄関が開いて、

「おかーさん、これ、隣の人から貰った。
 前から、渡そう、と思ってたんだ、ってね」

と、新品のバットを手にやってきた。

イチローモデル!
おかんは、よく判らないけど、
バットって、高くないかえ!?

表に出たら、もう、いらっしゃらなかったので
後日、お礼にいくとしよう。

なななんて親切なのだ!

暗い家の前に、区役所に頼んで
街灯を設置してくれたのも、彼なのだ!

きっと、私のことが気に入ったからかもしれない!
きっと、そうだ!

昨年の冬。
迷いインコを保護した話。

その際に、逃げ回る迷いインコを、なかなか捕まえられず、
籠を持って、オロオロしていたとき、

ふっ、と、私の頭に止まり。

床をはずした鳥かごを
とっさに頭に被った私を
気に入ったからに違いない!

「インコちゃん。
 さぁ、おいで。」

と、可憐に、人差し指をさしだし、
人をみる動物(鳥)は
すーーっと、その指に止まり。

難なく、鳥かごに保護し、
「ごきげんよう」
と、去る。

訳でもなく。

「ギャーーー!
 コラ!インコ!
 どうしたら、籠に入ってくれるの!」

と、大騒ぎしているうちに、
鳥の巣と間違うかのような、私の頭に止まり。

「今だ!」

と、自ら鳥かごを被った、隣人の女を、気に入ったに違いない!

その姿を自分で見たわけでもないけど、
年賀状にしてぇくらいだ、と、思ったもんだよ。

だから、親切にしてくれるのは
あのインパクトが理由だ!きっと。

コメント


お隣さん、ピヨ部長さま宅があまりにも楽しそうなので、仲間に入れて欲しいとみた!
2011/06/16 23:58  えっすん  URL  #w3qlSsm2  編集


>えすのはら先輩

鳥かごを、被りたかったのでしょうか。
一緒に。
2011/06/17 23:24  ピヨ  URL  #-  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://peanutsbaku.blog102.fc2.com/tb.php/600-4e29ea32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ピヨ

Author:ピヨ
クリスマスプレゼントが髭剃りだった長男(14歳)と、
貫禄ありすぎて年長に間違われる年少の次男(4歳)と、IKKOに似てる、とネタにしてたはずなのに、正月姪っ子にマジで「IKKO」みたいって言われてへこんでいるマミィの日記だべ。

(c) kihiro

着グルマー★点取り占い
双子ママ点取り占い
双子点取り反面コラボ
日田んもん点取り占い
最近の記事
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー

リンク
今日のひとコマ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。