ひとり言

Home  >  スポンサー広告  > 麒麟Home  >  未分類  > 麒麟
Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/04/03
麒麟

Category :  未分類
tag : 
自転車の特訓をした。

また、今日も「出来ない」って泣くのを

なだめすかさんといかんか・・・、

と、覚悟をしていた。



「いくよー。」

サドルを後ろから支えようと手を伸ばしかけたら、

視界からどんどん離れていく。

「あれ? 」

向こうに、支えられていると思って走っていく後姿。



「おーい・・・。」



乗れるじゃん・・・。

1発目なんですけど。



まぁ、時期が来てたんだね。

よかった、よかった。



で、大芝公園まで、もう一回補助付きでサイクリング。

そこでトラブル発生。

細い坂道を曲がりきれず、

自転車の倒れる音。

振り返るとその下の崖に

体半分残して転落しそうになっている姿が。



再現写真

階段でしているけど、実際は階段はない。

本当はもうちょっと、へそのあたりまで落ちてて、ぶらーん、としていた。


「この手につかまれ!」

まるで、ドラマだ。

いやー、マジで焦った。

結構高いのよ、下には車があったし、

落ちたら多分、頭からだから大怪我になってた。



ゾッとして。



でも、まぁ、大丈夫だったんで、

自転車乗って、行こうよ、って言うんだけど

もう、怯えて泣き叫んで、自転車に乗ろうとしない。



「ねぇ、麒麟の田村君、知ってる? 」

「? 」

「彼はね、中学生の頃、家がなくなったんだよ。

お父さんが家族を集めてね、

『それじゃ、解散』って

兄弟バラバラになって、

公園に寝泊りしてたんだよ。」

それで? って顔、してる。でも、もう泣き止んでる。

「ネタになるでしょ。あんた、お笑い目指してんでしょ」

「お笑いなんか関係ない!うわーん」

そりゃ、そーだ。

「でも、一生に一回、あるか、ないかの出来事だから、

あんたにはもう、ないよ。よかったね。」

というと、納得した。



でも、私といると、一生あるかないかの出来事を

必ず1回はあるような気がする。

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://peanutsbaku.blog102.fc2.com/tb.php/631-616843e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ピヨ

Author:ピヨ
クリスマスプレゼントが髭剃りだった長男(14歳)と、
貫禄ありすぎて年長に間違われる年少の次男(4歳)と、IKKOに似てる、とネタにしてたはずなのに、正月姪っ子にマジで「IKKO」みたいって言われてへこんでいるマミィの日記だべ。

(c) kihiro

着グルマー★点取り占い
双子ママ点取り占い
双子点取り反面コラボ
日田んもん点取り占い
最近の記事
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー

リンク
今日のひとコマ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。