ひとり言

Home  >  スポンサー広告  > 結局、何がいいたいの?Home  >  未分類  > 結局、何がいいたいの?
Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  未分類
tag : 
お…、終わったぁ…。

家庭訪問



昨年の家庭訪問の時は、

窓ガラスまで磨いた。

余りの普段との変わり様に



「こんなんなら、俺、毎日友達呼ぼうかな」



とまで、坊主に言われる始末。



麦茶の用意までしてたら、

本当に玄関先でちょろちょろ、だったので、

こんなものなんだ、

って、今回はそんなに気合が入らない。(掃除に)

「勉強机、見せてください、って言うかもよ」

ダンナの言葉に、

   まぁ、それはねぇだろうな。

と、思っていたが、

仕事をしながら段々不安になってきて、

職場のおばちゃんに、「やばいわ~」って言うと、



「玄関だけ、掃いておけば、大丈夫」



との、力強い言葉をいただき、帰宅。

ぱぱっと玄関だけ、掃いて、

ゴルフの芝を見るように、

先生目線で立っては、目に付くものを

洗濯機の中へ隠す。明日出す予定の発砲スチロール、とか。

(玄関に洗濯機があるのだ)



段々、家庭訪問、から、お宅訪問、へ意識が変わってきている事に気付く。

これじゃ、まるで、義理の両親が遊びに来るとき

何にも変わらないじゃんか。



家庭訪問、家庭訪問。

何を話したらいいんだろう?

この子のいい所をアピールするのか?

親バカ、と思われんか?

それとも直したい所か?

うーん…。



ま、先生の方から、何か言ってくれるよね。



って、そう言えば、先生の名前と性別くらいしか

情報がないな。



   ねぇ、先生、若い?歳とってる

「うーん…、分からん」 

  先生、優しい?怖い?

「うーん、・・・。」

   先生とお母さん、どっちが怖い?

即座に私を指差す。そう来ると思ってたよ。聞く前からわかっとるわぃ!



結局、たいした情報も得られないまま、

「こんにちわ」

始まってしまった。



優しそうな先生じゃん、おっとりしてそうだし。

家庭訪問で私が話した事と言ったら

褒めようとして、褒めきれず、

そうかといって、直したい部分も、

話しているうちに自分でよく分からなくなってきて、

結局、何がいいたいんだろうな、

って、トホホな気持ちで、

一生懸命頷いて聞いてくれる先生に、心の中で繰り返した。



(もう、いいっスよ…。今の所、ノープロブレムですよ・・・。

 そんなに真剣に聞かなくていいんですよ・・・。

 オチ、ないですから。

 だから、次、行っちゃっていいですよ・・・。)

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://peanutsbaku.blog102.fc2.com/tb.php/717-936cdcee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ピヨ

Author:ピヨ
クリスマスプレゼントが髭剃りだった長男(14歳)と、
貫禄ありすぎて年長に間違われる年少の次男(4歳)と、IKKOに似てる、とネタにしてたはずなのに、正月姪っ子にマジで「IKKO」みたいって言われてへこんでいるマミィの日記だべ。

(c) kihiro

着グルマー★点取り占い
双子ママ点取り占い
双子点取り反面コラボ
日田んもん点取り占い
最近の記事
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー

リンク
今日のひとコマ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。