ひとり言

Home  >  スポンサー広告  > 淡泊すぎる。Home  >  弟の生態  > 淡泊すぎる。
Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/09/27
淡泊すぎる。

Category :  弟の生態
tag : 
兄が、言葉を話すのが早かったのは、
酔っぱらった私の語りを傍で聞いていたからだろう。

当時は仕事もしていなかったから
話す相手が1歳児だけ、という生活だったので
(ダンナは過酷な夜勤体制だったから)
世の中の不条理について
熱く語り合ったりもした。

「広島に原爆が落ちたのよ。
 ふつうにこうやってごはんを食べたり
 遊んでいた時にね。
 いきなり、バーン、って」
「しし新幹線も、燃えた?」

「お母さんはお腹にベットを持っとるんよ。
 赤ちゃんの。
 でも、1か月くらいしたら
 古いのは捨てて、新しいベッドをつくるんよ。
 今日が、捨てる日なんよ」
(生理なので、一緒に湯船に浸かれない言い訳)
「(空に向かって)新しいベッド出来たよ~、おいで~」

くぅぅ。
なんて微笑ましい。

1歳8か月の時のビデオを見ていたら、
父さんが帰ってくる時間になって、
玄関で待機する兄に、
「父さん、帰ってくるかな?
 帰ってこないかもよ」

などという意地悪を言ったら、
目に涙を浮かべて、
「とーしゃん、かえって、くる?
 とーしゃん、かえって、こない?」
小首を傾げて、繰り返し。

「大きな声で、『とうさーん』って、呼んだら
 帰ってくるかも」

と、言うと、
精一杯の大声で、
「お、とー、しゃーーーーん!」
と、懸命に呼ぶ。

あまりにかわいそうになったので
「こっちから、帰ってきたらわかるから
 車、見てみよう」
と、言うと、涙を拭きながら笑顔になって
「とうしゃん、かえってくるね!」
と、駆け出すこのビデオが、ワタシのツボです。

泣きたいときに、これを繰り返し見ます。
結婚式に流せば、参列者の涙を頂戴できます。

弟も、2歳2か月。
この感動ビデオの「弟編」を作ろうと思って
同じようにやってみました。

「父さん、帰ってくるかな?」

と、言うと、チラっと玄関先を覗き、
間髪入れずに

「いない!」

と、男らしく叫んで
おもちゃに戻っていかれました。

感動を待っていた兄と私は

「嘘やん…」
と、声を揃えて言い、まわしたビデオのスイッチを
静かにOFFしました。

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://peanutsbaku.blog102.fc2.com/tb.php/760-a398d635
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ピヨ

Author:ピヨ
クリスマスプレゼントが髭剃りだった長男(14歳)と、
貫禄ありすぎて年長に間違われる年少の次男(4歳)と、IKKOに似てる、とネタにしてたはずなのに、正月姪っ子にマジで「IKKO」みたいって言われてへこんでいるマミィの日記だべ。

(c) kihiro

着グルマー★点取り占い
双子ママ点取り占い
双子点取り反面コラボ
日田んもん点取り占い
最近の記事
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー

リンク
今日のひとコマ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。