ひとり言

Home  >  スポンサー広告  > 母と酒の席での話。Home  >  日記  > 母と酒の席での話。
Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  日記
tag : 
母は酒に弱いらしいので、コップ一杯程度しか飲みませんが。

私たち三姉妹は、たしなむ以上に呑みます。

酔うと大抵の人はお喋りになります。
だから、いつも、私たちが呑むと、
母は、傍で主に聞き役に回っております。

っていうか、母は言葉を挟む余地がないんだよね、気が付いたらー。

酔っ払いが喋りっぱなしだからー。

で、必ず酔ってする話題が、
子供の頃の話。
特に次女が毎回話すのは、自分にされた仕打ちの事。
もう、何十年もその話題に返ってくるので
ネタみたいになってますが。

「お母さんが私にしたあれ、覚えてる?ねーちゃん!」
「布団叩きやろ?」
「私だけ叩かれて・・・」
「ミミズ腫れ!衝撃だったわーーー」

「雪の日の夜に…」
「裸足で締め出し!」

「アッハッハーーー!」

と、妹は仰け反って喉の奥から脳みそが見えるくらい
大きな口で笑い転げていますが。

ふと、母を見ると、寂しそうな顔をしていました。
毎回この話題で、気づいた事なかったのですが、
毎回、こんな哀しげな顔をしていたんでしょうか?

正月明けて、母と二人の時に、この話をしたら、
同じように寂しそうに笑って、

「あの子ね、前にしらふの時に『こんな事があったわね』って
 話をしたことがあってね。
 でも、その時、あの子は、
 『昔のこと、覚えてないわ~』
 って、言ってたんだけど、
 酔うと思い出しちゃうのかしらねぇ」

と、いっぱいいっぱいだった自分の子育ての話をし始めました。

ちょっと自分と重なる事もあったりして、
珍しくしみじみとした話になりました。

何か、ちょっと子育てって切ないぜ、って話を
兄にしてみたら。

「俺が大人になって、酔っぱらったら
 お母さんにタオルで叩かれて、
 それがムチのようにしなった話をするだろうね。
 そんで、その横で、お母さんが哀しい顔して
 聞くんだろうね。ハッ。」

って、返されました。

も、もう、仕返しされとる、ワタシ。
プロフィール

ピヨ

Author:ピヨ
クリスマスプレゼントが髭剃りだった長男(14歳)と、
貫禄ありすぎて年長に間違われる年少の次男(4歳)と、IKKOに似てる、とネタにしてたはずなのに、正月姪っ子にマジで「IKKO」みたいって言われてへこんでいるマミィの日記だべ。

(c) kihiro

着グルマー★点取り占い
双子ママ点取り占い
双子点取り反面コラボ
日田んもん点取り占い
最近の記事
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー

リンク
今日のひとコマ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。