ひとり言

Home  >  未分類
Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  未分類
tag : 
ダンナがうなだれて帰ってきた。

仕事に疲れきって帰ってきた。

昼飯を外で軽く食べたらしく、

疲れた顔して、

「晩めし、コレでいいわ」

って、食べなかった弁当を広げて、もそもそと食べた。



食べ終えてから、

取引先に届け物があるから、行くけど行くか?

って、坊主をドライブに誘う。

思い立ったように、その近くにあるスーパー銭湯に行く?

って、私も誘われた。



用事はすぐ済んで、それぞれお風呂へ入る。



露天風呂、気持ちいいなぁ。

綺麗なお風呂、気持ちいいな。

明日の休みは、カビキラーで掃除だな。

  (最近の風呂場は抗菌加工されているのか、

  そこまでではないけど、

  この更年期障害連合のボロ屋(大家さん、ごめんね)は

  すぐ、真っ黒にカビるのだよ。)

ダンナも、幾分、疲れが取れたようだ。



みんな、ちょっといい気分で、車の中で談笑。



おもむろにダンナが息子に問う。

「おかあさん、昼寝、してる?」

夜更かししている私は、慌てて話題を変えようとするが、

「うん。してるよ。今日は2回もした。」

しかも、奴は追い討ちをかけるように畳み掛ける。

おとーさんが帰ってくる、って電話があると、

しゃきっとするよ」




ダンナの冷たい視線・・・。



もう、開き直るしか、ナイネ!

わははははは。
Category :  未分類
tag : 
blogを更新してると、必ず息子が覗きに来る。

「俺のトコロ、読んで、読んで!」

どうやら、ワシのブログの中の「自分」が好きらしい。



自分がどう見られているか、気になるのかな。

それが好意的だと、嬉しいのかな。



でも、アレは嫌がるかな、って思った。

「お母さん、見てぇ」

って縋って、怒られて、ハグして泣いちゃう辺り。



でも、アレも好きみたい。

何回も、読んでる。



私の気持ちが知れるからかな。

私の好意的なトコロが気持ちいいんかな。



明日、髪を切りに行こう、って行ったとき、

どうする? って聞くと

「次長課長の、井上にきまってんじゃん」

あんなに、青島刑事に、固執したのに!



いやぁ、いいんデスよ。

好きなようにして、イインデスヨ。

母に媚、売らなくていいから。



それに、今の井上クンの髪型、

そんなに好きでないし。
Category :  未分類
tag : 
五分前行動、というものが、

身につかないなぁ。

だから、私の出勤風景は、

いつも全速力!



チャリ漕いで、そこの細い路地を曲がったら

後は一直線だ!



曲がり角にあるカーブミラーを

確認すると、

向こうからも、全力で飛ばしてくる姿が見えた。



危ない!

って、ブレーキかけて、止まる。

お互い様なんだけどね、

余裕のなさから、舌打ちする。



向こうも、同じように舌打ちしてんのかな、

止まったままで動かない。

もう、時間がないのに。

ペダルをこぎ始めると、向こうも動き出した。



アレ?もしかして、これ…

ワタシデスカーーー!?



カーブミラーが動いて角度を変えて、

ワタシを映しているよ。



哀しいよ。

何が哀しいって、

自分とは知らずに

・・・ババァ・・・、って・・・思っちゃった。


Category :  未分類
tag : 
菓子売り場で、

三歳くらいの女の子が、

口を尖らせてぼそ、っと言った。



「このピカチュウ、ヘンな顔」



(それはね、メタモンなんだ、

へんしんって技なんだよ)

言おうとしたら、お兄ちゃんらしき子が

「それ、メタモンで。」

「うぇ~ん、ピカチュウが欲しい」



この、前のシリーズの時は、

おばあちゃん:「これ、ピカチュウって書いてあるよ」

孫娘:「これ、ピカチュウじゃない・・・。」

おばあちゃん:「でも、ピカチュウって書いてあるからいいでしょ、これで」

孫娘:「え~~~。」



(それはポケキッズ10周年記念バージョンで・・・





バンダイさん、この子たちのために、

どうか、ノーマルピカチュウを

また発売してやってください。


Category :  未分類
tag : 
案の定、仕事中に襲ってきた睡魔。



キーを打つ手が止まっているけど、

考え事しているように、見えるでしょ?



でも、こっくり、こっくりしている頭を見れば、

一目瞭然だぜ。



イビキをかいてない事を祈ろう。



そんな眠気を覚ます会話が、聞こえてくる。



「チーフ、お薦めの焼酎って、何があります?」



ん?お薦めの焼酎?



ボブか? ボブなのか?

「お薦めねぇ、僕も最近飲まないから、解らないね」

Aさん、私の視線を感じ、何を言わずとも、答えてくれる。

「ホラ、あの外人さん。また、今日も。」

薦めた焼酎買わずに帰ったのに、諦めきれずにまた来たな。



「『達磨』を薦めてあげてくださいよ。」



おぉ! ポンとチーフが手のひらに拳を打ち付ける。

「それ薦めて。今月の重点商品だから」



さぁ、ボブ、どうする?

これだけ薦められたら、さすがに買って帰るじゃろ?




しばらくしてAさん、戻ってくる。

「達磨、買って帰りました?」

「OK,って言ったのに、違うお酒買って帰ったわ。」



ううん…。

ボブの要求が満たされるまでは、

私たちは、酒売り場近辺で、気が抜けない。
Category :  未分類
tag : 
眠れんばい!

明日、仕事なのに、

眠れんばい!



あぁ、あと2時間半しかないし。

起きるまで。



体を動かしている間はいいけど、

PCで発注する間、

襲ってくる睡魔が怖い。

っていうより、隣にいる店長の視線が怖い。



でも、最近、睡眠時間が平均3時間。

アイドル並みか?

アイドルか?

違いマスか。そうデスか。



昼の仮眠(30分)で復活してしまう自分の体に

畏怖の念。



これは妊娠中に寝溜めをした成果でしょうか。



それとも、実は起きているようで、眠っているんでしょうか。



それとも・・・、寿命を削って・・・明日には、ポックリ・・・。



・・・お、恐ろしすぎて、考えると、また眠れん・・・。



   ダンナ:多分、運動すれば、眠れるヨ!
Category :  未分類
tag : 
ダンナは今日は「北斗の拳」を見ている。

今日は最後まで、見るつもりらしい。

最初から睡魔に「どうせ負けるんだろ」っていう

ミイラ巻きで寝転がったりなんて、してないからね。



ちぇっ。しょうがねぇな。

本でも読むか。





「さいはての二人」 鷺沢 萠

鷺沢さんの本は、

それまで、何かムツカシイ事をこねくり回して

劇的な出来事を書くのが小説なんだ、って

思っていた高校生の私にとって、

身近のちょっとした動き

みたいなものが、実はものすごく心を動かすんだ!

って気付いた最初のヒトだ。



特に「海の鳥、空の魚」の中の

「柿の木坂の雨傘」

は、本当に涙を流して泣いたよ。



この本に三つ、話が入ってて、

特に「約束」!!!

キタよ。キマシタよ。



主人公は、何かから逃げるようにして東京に出てきた二十代の男。

後ろめたく潜むように、このアパートで暮らしている。

あるきっかけで、隣に住んでいる五歳の女の子と知り合いになる。

彼女の部屋には、父親の存在がなく、

多分水商売であろう母親と

生まれたばかりの妹。



それから予測が付く内容で

話は進んでいくんだけど、

解っていても、切なくて。



ただでさえ切ないのに、

そう来たかー!

っていうラストに、ただ、ただ、号泣してしまった。



呑んでないのに、号泣。

ダンナがラオウを見ているのに、号泣。



歳がそんなに違わないんだ。

四つ上。

かわいい小猿を一匹産み、育てている間、

新しい音楽も、小説からも遠ざかっていたから

二年前、本屋の立ち読みで

亡くなっていた事を知ったとき、(私が知る一年前に)

体の先が、痛く、冷たくなるくらいショックだった。



お酒が好きだったから、肝臓かな。

なんて、ちょっと自分も危ないな、って思って

ネットで調べて、再びショックで。



気前のいい、オネエ、ってカンジだと

勝手に想像してたから、

なんか、ちょっと、辛いな。



だから、勿体ないよ。

この本を読んだ後、また、思うんだ。


2007/04/26
GUCCI裕三

Category :  未分類
tag : 
「なんで、握りっぺって、クサいんかね」

どうでも、いいことばかり、真剣に考えている。

(↑息子が、です)



それはさておき。

グラタンのホワイトソースのレシピが行方不明。

以前の職場で教えてもらった、

お手軽で、失敗のない、魔法のレシピだ。

グッチ裕三に教えてもらったらしい。(雑誌で)



職場の休憩室にGUCCI商品のハンドブックがあったとき、

すばやく反応してそれを取り上げ、

バッグやら、時計の写真を見るなり

「なーんだ」

って放った。



彼女はグッチ裕三の大ファンだった。

彼女にとって、GUCCIグッチ裕三なのだ。



いや~、本当に、簡単だったのにな。

やっぱり分量が違ったようで

失敗しました。

何処に行ったのかな~。
Category :  未分類
tag : 
あ~ぁ。またやっちゃった。



「ねぇ、かあさん、明後日って、5月だったっけ」

「ねぇ、かあさん、ポケモンの中で何が好き?」

「ねぇ、かあさん、ポケモンの技でどれが好き?」



「ねぇ、かあさん、見て、ねぇ、かあさん」




「今、ご飯作ってんだよ。つまんない話だったら、許さん」



みるみる、涙が溜まっていく。

「いい。もういいから。」

「料理の手を止めてきたんだから、言いんさいよ」

「ポ・・・ポケモンのゲーム、大人の人もやってるんだね。ごめんなさい。」



ごめんなさい、って言ったっきり、

黙って片付けをしてくれたり、鳥にえさをやってくれたり。



あ~ぁ、やっちゃった。また、感情で怒っちゃった。



しばらくして、息子を呼んで言う。

「さっきは、ごめん。」

「いいよ。」

「許してくれる?」

息子の顔が、ぐしゃー、っと歪んだ。

「い~、い~、よ~」

「いいんだよ、つまらん事でも、言っていいんだよ」

仲直りの、ハグ、する? って言うと、ヒー、って泣きながら抱きつく。



「ごめん、お母さん、寝起きで(昼ね後だった)

 機嫌が悪かったから。ごめんね」


「うん、いいよ、俺も寝起きは『寒い!』って怒るし」



ごめんねぇ。帰ってきてから、ずーっと喋りっぱなしだったから(キミが)

爆発しちまったんだよ。

でも、こっちも、言い方があったわ。

ほんまにごめん。



しばらくして、ビデオテープを持ってくる。

「俺の、小さい頃のビデオ、一緒に見ようぜ」



俺のカワイイ頃を思い出せってか?



ハイ、そうさせて、いただきます。
Category :  未分類
tag : 


マジックで、顔中に落書きをして、

帰ってきた。



先生に怒られたじゃろ?

「ううん、顔隠しとったから」

あんただけ?

「友達も書いたよ。メガネとか、色々」



?マークの逆さバージョンに見えますが、

本人は「ヘンなおじさん」のホクロから生えている毛のつもりです。



あぁ、懇談会に、また行きたくなくなったじゃん。
プロフィール

ピヨ

Author:ピヨ
クリスマスプレゼントが髭剃りだった長男(14歳)と、
貫禄ありすぎて年長に間違われる年少の次男(4歳)と、IKKOに似てる、とネタにしてたはずなのに、正月姪っ子にマジで「IKKO」みたいって言われてへこんでいるマミィの日記だべ。

(c) kihiro

着グルマー★点取り占い
双子ママ点取り占い
双子点取り反面コラボ
日田んもん点取り占い
最近の記事
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー

リンク
今日のひとコマ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。