ひとり言

Home  >  弟の生態
Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  弟の生態
tag : 
弟がやっと、いっぱい喋るようになりました。

三歳過ぎたら、話すようになるわよー、と
思っていましたが、なかなか喋ろうとせず。

「言葉が出ない病かもしれぬ…」

と、ちょっぴり心配していたのですが。

3歳3か月を過ぎた頃から
急に喋り始めました。

と言っても、大半は何を言っているのか分からないのですが。

本人も、言っている事が伝わらなくて
もどかしいようですね。

喋られない頃は、意志をすべてジェスチャーですませておりました。
その名残もあり、
余裕のあるときは、宇宙語で何とか交信をしようとするのですが、
本当に欲しいものには
ジェスチャーで訴えてきます。

違うと泣き叫びます。

先日の朝も、
意志が伝わらず、泣き叫んでおりました。

朝ごはんの途中で、いきなりゲームが始まりました。

台所を指さします。

水が欲しいの?
「わぁぁぁぁ(NO!)」

氷が欲しいの?
「ぎえぇぇぇ(NO!)」

卵かけごはんにするの?
「ギャァァァ(NO!)」

その間、ヒントと言えば、冷蔵庫を指さすのみです。

結局、しばらく繰り返して、
彼が要求していたのは

「納豆」

でした。

わかるかい!
Category :  弟の生態
tag : 
ダンナが、
寝る前に、
何やらコソコソとしておった。

ふと、振り向くと、そこにあったバナナがない。

明日の朝、目が覚めて
一人で階段を降りてくる弟が
どういう反応をするのかを
見たいらしい。

バナナを仕掛ける。

一つは階段の上。
もう一つは階段を降り切った辺りに。

兄もやってきて、
満足そうに腕を組み、
その「バナナ・トラップ」を見ておった。

二人とも、非常に楽しそうである。

だが、私は般若のような顔で、それを見ていた。

何故だかわかるか、ダンナよ。

さっきの私の話を聞いていたかね。

聞いていなかったんだろうね。
だから、そういう事が出来るんだよね。

さて、私は何の話をしていたでしょうか?

「食べ物で遊ぶな、とか、
 そんな話をしてたっけ?」

本当に人の話を聞いてないな。

さっき私は愉快な話をしてたんだよ!
身振り手振りで。
あなたは、「うん、うん」と相槌を打っていたよ。

「うん、うん」
って、言ってたよな。
聞いてたはずだよな!

さぁ、これからが、この話のオチだ!って時にだよ。

「そういえば、俺、今週末さぁ…」

私の愉快な話、真っ二つだよ!

その上、自分の話に持っていき、
私のオチが、時空の闇に消えたんだよ。

許せねぇ。

だから、翌日の
ダンナが出勤した後に起きてきた
弟の反応を、教えてやらないのだ。

「バナナ!」
と叫ぶわけでもなく。
「ママ」を呼ぶわけでもなく。

フツーに、バナナを食いながら
降りてきました。
私が見たときには、もう、二本目でした。
Category :  弟の生態
tag : 
弟2歳が、久しぶりに熱を出した。

保育園に迎えに行くと、
ポヤ~ン、とした目で、アンパンマンのビデオを見ていた。

家に帰ったら、パタリ、と倒れ
身動きもしない。

そのままくぅくぅ寝てしまわれた。

悪夢を見ていたらしく、
腕の中でこっくり眠っておったのに、
いきなり、

「ハッ!」
と、叫んで、カッと目を見開いた時には、
私がびっくりして、思わず5センチくらい飛び上がってしまいました。

あんな驚き方を、
現実世界でも、まだしたことないのに。

喉も腫れて痛いらしく、
夜中に目が覚めてからは、
私の腕枕でないと、眠りつけない様子。

ガシッ、と私の首を掴んで離さない。

ちょっとでも動こうものなら
更に力を込めて絞めにかかる。

「ボク、もう、死ぬんじゃないか?」

というカンジで、不安な目でおびえておる。
不憫だ。

ただ、元気がなく、怯えている様子が
兄の母性本能をくすぐったらしく。

「ぎゃーー、かわいい!
 お兄ちゃんと、ギューしよう!」

と、身勝手な愛情を押し付けようとするので、

「ぎゃぁぁぁぁおう!」
という叫びと共に、激しく拒否されておりました。

まるで出産直後のパンダのようだ。

ダンナも帰ってきて、
「父ちゃんのところへ来い」
と、抱き上げようとするが、
産後の気が立ったパンダは
物を投げて威嚇。

どうして普段はそんなに構わないのに、
こういうときに、構いたくなるんだろう、兄ちゃんは。

「このおもちゃで遊ぼうか」

って、近づいて、
産後のパンダに、おもちゃの釣竿を
へし折られて、悲しくなっておりました。

ドンマイ☆
Category :  弟の生態
tag : 
筋肉ミチコ(同僚)が
本当に仕事をしない。

仕事をしないうえに、
人の粗ばかり探すので
困っておる。

なのに、弟は
私の携帯で遊んでは、
筋肉ミチコとコンタクトを取ろうとする。

(遊んでいるうちに
 携帯のアドレスを開く。
 それが、必ずミチコなのだ。
 50音順で一番最初だから)

いつも、寸でで、阻止をする。

何回冷や汗をかいたことか。

いつか本当に、弟がミチコと会話をしてしまう日が来るかもしれない。
こわい、こわい。

そんな弟の運動会に
週末、行ってきました。

父さんが仕事でいないので、
兄をカメラ係りに任命して。

小さなおててを握って踊るのかな?

かあさんの足に乗っかって、
いち、に、って、走ろうか。

ぽや~ん、と、そんな絵を思い浮かべ、
兄への指示をしていましたが。

ずーーーっと、抱っこや!

あの巨体を、ずーーーっと抱っこやが!

二十歳すぎの若いお母さんの中で、
四十前のワタシが、ずーーーっと息切れ。

ホラ!兄!
抱っこで、だけど、今、踊っておる!
写真!写真!

と、兄を振り返ったら。

デジカメのモードをスリムに変えて、
自分の手を撮影中。

「ほら、見て。
 俺の手、すごい長い。
 こうしてカメラを縦にしたら、
 うぉぉ。
 俺の手が太くなった。
 赤ちゃんの手みたい」

と、自分の手の撮影に忙しいようでした。

みんな涼しい顔をしているのに
私だけ、汗だくでした。

私の運動会か!

家に帰って、撮ったビデオを見たら、
案の定、巨体を抱えて
大活躍しているワタシの広い背中ばかりが
映っていました。


2011/09/27
淡泊すぎる。

Category :  弟の生態
tag : 
兄が、言葉を話すのが早かったのは、
酔っぱらった私の語りを傍で聞いていたからだろう。

当時は仕事もしていなかったから
話す相手が1歳児だけ、という生活だったので
(ダンナは過酷な夜勤体制だったから)
世の中の不条理について
熱く語り合ったりもした。

「広島に原爆が落ちたのよ。
 ふつうにこうやってごはんを食べたり
 遊んでいた時にね。
 いきなり、バーン、って」
「しし新幹線も、燃えた?」

「お母さんはお腹にベットを持っとるんよ。
 赤ちゃんの。
 でも、1か月くらいしたら
 古いのは捨てて、新しいベッドをつくるんよ。
 今日が、捨てる日なんよ」
(生理なので、一緒に湯船に浸かれない言い訳)
「(空に向かって)新しいベッド出来たよ~、おいで~」

くぅぅ。
なんて微笑ましい。

1歳8か月の時のビデオを見ていたら、
父さんが帰ってくる時間になって、
玄関で待機する兄に、
「父さん、帰ってくるかな?
 帰ってこないかもよ」

などという意地悪を言ったら、
目に涙を浮かべて、
「とーしゃん、かえって、くる?
 とーしゃん、かえって、こない?」
小首を傾げて、繰り返し。

「大きな声で、『とうさーん』って、呼んだら
 帰ってくるかも」

と、言うと、
精一杯の大声で、
「お、とー、しゃーーーーん!」
と、懸命に呼ぶ。

あまりにかわいそうになったので
「こっちから、帰ってきたらわかるから
 車、見てみよう」
と、言うと、涙を拭きながら笑顔になって
「とうしゃん、かえってくるね!」
と、駆け出すこのビデオが、ワタシのツボです。

泣きたいときに、これを繰り返し見ます。
結婚式に流せば、参列者の涙を頂戴できます。

弟も、2歳2か月。
この感動ビデオの「弟編」を作ろうと思って
同じようにやってみました。

「父さん、帰ってくるかな?」

と、言うと、チラっと玄関先を覗き、
間髪入れずに

「いない!」

と、男らしく叫んで
おもちゃに戻っていかれました。

感動を待っていた兄と私は

「嘘やん…」
と、声を揃えて言い、まわしたビデオのスイッチを
静かにOFFしました。

2011/06/23
コントロール

Category :  弟の生態
tag : 
最近、弟は、
思い通りにならないと、色んなものを放り投げて
抗議します。

今朝は、私たちの弁当の残りの
チキンライスを
兄と、二人で分けな、と
皿から、取り分けたら、

皿ごと食っちまうつもりだったのか
その場で、バターン、と倒れ。

10分ほど、床に寝そべっての
抗議行動に入られました。

保育園でも、
おかわりがないと知ると
物を投げてしまう、と
言われました。

ただ、いけないことだと判っておるのか、
若干、加減して投げておる姿が
見ていて面白いです。

イイイイーッとなって、
むぅぅっ、とスプーンを持ち上げ、
(目は、コロッケのおかわりを
 くれなかった事で、
 この世が消えてなくなってもいい、という憎悪に満ちておる)
投げた先の、ガラス窓の一枚でも
カチ割ったろうか! くらいの勢いで、腕を振り上げたのに

コロン、と、テーブルに転がす。

怒りのコントロールの修行中です。

そうそう。
今日、初めて、家で作ったカキ氷を食べました。

美味しかったのか、
解けた汁まで大切に飲み干しました。

おかわりがもらえない、と知ると、
途端に、スプーンを放り投げましたよ。

どうして、こうも、君の怒りは
食いものに絡むのかね。

2011/06/18
GW おまけ

Category :  弟の生態
tag : 
朝のいちご。
ichigo.jpg
と、いちごを、ほおばる弟。
ichigo2.jpg
甘いです!
すばらしく、甘く、そして、安いです。

数時間後に、母親に
耐え難い暴力を
受けることを、まだ知らない姿が
切ないです。

でも、肘内症を
整復する術を会得しました。

職場で、泣きつかれたお子さんと、
怒りつかれたおかあさんとの間に生まれた
「肘内症勃発事件」があれば
飛んでいって、整復いたします。

2011/03/01
初トイレ!

Category :  弟の生態
tag : 
そろそろオマルをだしてやらねばなぁ、
と、思っていたところでした。

弟をお風呂へ入れるために
先に服を脱がせ、
私が準備をしておる時でした。

いつもなら、持ち込んだミニカーで
遊んだりして待っているのに

静止画像のように
洗面器の淵を掴んだまま
固まっておりました。

もしや!?

その、体勢は…!

だだ大便の発射準備ではないかえ!

イカーーーーン!
そこで、発射したら、遺憾!フガーーー!

アタシ、全裸でパニック!

築40年のうちの風呂のタイルは
昔ながらのこんな感じ。
タイル

しかも、メガネもコンタクトも、外しておるから
視界の画像がぼやけて映る。

弟の、足元全てがウンコに見えてしまう!

大便発射後なのか、
タイルなのか、
大便なのか。

まだか、そうか。

慌てて抱きかかえ、
トイレへダッシュ。

あぁ、オマルを出しておけば良かった。

「出さねばナ~」

と、思いながら、鼻クソほじりながら
煙草吸いながら、テレビを見ていたあの時間へ
巻き戻したい。

が、そんな事を言っておる場合ではない。

よし、いきなり便座デビューといこうじゃないか!

「イヤーーーー!」
となって、便座を前に体をよじり
その隙に大便が出たら、どうしよう。

と、再び軽くパニックになってしまった。

ガシッ、と座らせた瞬間と、
発射時間のタイミングがバッチリ合った。

ウンコを捻り出す瞬間は、
人間は、身をよじる余裕もないらしい。

「ぽちゃん」

と、可愛らしい音を立てて
初めてトイレで出せました。

「やったじゃないか!」

トイレでお互い全裸で抱き合いました。

よかったなぁ!


ただ、放出した後は
身をよじる余裕が出来たみたいで。

おしりを拭く前に
思いっきり、暴れてくれました。


2011/02/23
アリ?

Category :  弟の生態
tag : 
保育園から帰ってきたら、ネコが集会を開いていた。
5匹も。

うまいこと輪になって、睨み合っておりました。

皆、一様に尻尾をゆっくり左右に振っておりました。

そのうちの二匹は、
近所のオバハンが勝手に餌をあげ、
勝手に名前をつけて、
(ひも状のリボンに名前が手書きで書かれている)
死んだら段ボールに

「猫、一匹在中」

って、書いて、燃えるゴミの日に出されてしまった兄弟を持つ
みかんちゃんと、りんごちゃん。

夜中にゴミ捨てに行って、
そういう段ボールがあったら、驚くわ。
誰がそんな事するのかと、
さー、っと血の気が引いたわ。

この間、みかんちゃんと遊んでいたら、オバハンが通りかかって、
「みかんったら、こんな所まで、遊びに来てたの?」
って、立ち話の中で、

「昨日も送り出したばかりなのよ~。
 子猫が亡くなると、悲しくなるわね、やっぱりね」
という会話から、
(前日、「子猫一匹在中」という箱が置かれていた)

「おまえか!!!」

と、心の中で叫んだとも。

「高天原(焼き場)まで、いつも行ってたんだけどねぇ。
 ホラ、アタシ、霊感あるからね。
 連れてきちゃうのよ、他の、コレ、を」

と、手がうらめし状態でこっちを見る。

「だから、最近は連れて行ってあげられないのよね~」

ギャー!
ここ怖いわ!

殺人の真似事をする変質者でないのが分かって、ほっとしたのだけれど。

もう一匹は、ハイソックス。
足が白いからハイソックス。

前に、私が気配を消して、洗濯物を取り込んでいたら、
てっくてっく、と前の道路を歩いてきて、
急に方向転換して、開けっ放しのウチの玄関を入ろうとした。

低い声で
「オイオイ」
と、言ったら、慌てるでもなく、
曲がる角を間違えたフリをして、
しれ~っと、出て行った、ハイソックス。

後の二匹はちょっとわからないけど、
勝手に家の中に上がりこんで、
うっかり鉢合わせした兄の声にパニックになって、
間違えて風呂場へ逃げこんだヤツではないでしょうか。

それとも、生きていた頃のピヨを
網戸越しにギシギシ狙っていたヤツもいたかもしれん。

それか、粉末だしを、容器に移している時に、
匂いに誘われて開けていた玄関から侵入し、
目があった私と、だるまさんが転んだをした猫か。

とにかく、始終猫がうろついているので、
オマエ、新入りだから、挨拶しとけ、と
弟を自転車から降ろして
猫たちとの交流を図ろうとした。

自転車に乗っている時は
「ワンワン」
と、言って、手なぞ振っておったのに、
急に下へ降ろされると途端に固まってしまった。

輪になる猫たちの視線が、全てこっちへ向かう。

固まる息子。

勝負の匂い。

張り付く緊張感。


負けたのは弟だ。

「イヤイヤ」
と、首を振って、じりじりと後ずさり。

場を白けさせてしまったのか、
散り散りになる猫たち。

路地をすり抜けていった猫を、
しばらく経ってから追いかけたけど
もう、おらんて。

さっきまであんなに「イヤイヤ」してたのに、
路地に向かって、いつまでも、

「アリー? アリー?(あれ?あれ?どこ行った?)」
と、叫んでおりました。

次は遊んでもらおうな。
今度はヒューカイ(集会)でないときに、声かけような。


Category :  弟の生態
tag : 
「ガブリ」
と、噛むから、『ガブリエル』

と、昔読んだマンガにあったので
眠くなると、乳首を噛み千切りそうになるベビを
ガブリエル!と呼んで叱るのを見て。

「いいなぁ。俺もセカンドネームが欲しい」

と、兄が羨ましがるので。

おならを「ブリブリ」するから
『ブリトニー』

と、言ってやったら
たいそう喜んでおりました。
ブリトニー・スピアーズは知らないだろうから、
多分、浜田ブリトニーが、脳裏に浮かんだのでしょうね。

先日、1歳半検診に行って、
肥満児の烙印を押されました。
半強制的に、栄養指導も受けました。

「基本的に、元気で動いているならば、
 食事を減らす必要はない。
 問題は、おやつです」

私達の生活を聞いて、指導してくれました。

3時に保育園でおやつをいただきます。
そして、家に帰ってくる4時半頃に、
夕飯の支度をするため
ベビの、その動きを封じるために
ついつい、与えておりました。パンとか。

「それです!
 まずは、それを正しましょう!」

だよね~、だよね~、と思いながら
実践することにしました。
だって、カウプ指数がやべぇんだもの。

最近、ベビは、アンパンマンのビデオが見たいとき
お茶が飲みたいとき
おもちゃを取ってほしいとき

「~してほしい人~?」

と、聞くと、

「アイッ!」

って、手を挙げるようになりました。

自分がそれほど欲しいものでないときは、

「ア~イ」
と、ゆる~い返事なのに、

「おせんべい、欲しい人!」
と聞くと、真っ直ぐ手を挙げて
「アイッ!」

って、良い返事をするのです。

うぎゃぁ。
か、かわいい。

だから、あんなにおやつを与えてしまって
カウプ指数が大変なことになってしまっておるのではないか!
反省だ!私、反省!

心を鬼にして思うのです。
将来、関取になればいいけれど
関取でもないのにグングン育ったらどうするんだ。

誰が止まらない食欲を満たすのだ!
家も買えないのに
私のパート代は、この子の脂肪と食欲を肥やすために
消えていくしかないのか!
家も買えないのに!

取り乱す心を抑えつつ、
欲しがるベビの気をそらしながら
夕飯まで待つ。

ミニカーで遊んでいても、
ふっ、と気付いて
おやつのある扉を指差す。

アンパンマンのビデオを見せて
夢中になっていても
エンディングが流れると
おやつのある扉を指差す。

それでも、私は与えない。

我慢する。

家購入のために。
いや違う。
ベビを肥満から守るために。

しばらくすると、
泣きながら、ベビが言う。

「アイッ!」

右手を天高く掲げて。

「アイッ!」

真っ直ぐに私を見て。

食べたいです!
おやつ、食べたいです!

うぅぅ。
オマエの幸せのハードルを高く設定してしまったのは
私だよ。

いいか。

幸せのハードルは、
低ければ低いほどいいんだ。

それだけ幸せの数が増えるんだよ。

え?
おかあさんの集めている食玩は
異常なほど増えているのに
まだ増やそうとしているのは
幸せのハードルを上げているのではないかって?

いいか、ベビ。
あれは、お母さんの病気なんだよ。
あれは死ぬまで治らないんだよ。
そこはいいよ。放っておいて。

おやつは1回で充分幸せなんだよ。
だから、慣れて行こうね。
もうすぐ、晩御飯だからね。

プロフィール

ピヨ

Author:ピヨ
クリスマスプレゼントが髭剃りだった長男(14歳)と、
貫禄ありすぎて年長に間違われる年少の次男(4歳)と、IKKOに似てる、とネタにしてたはずなのに、正月姪っ子にマジで「IKKO」みたいって言われてへこんでいるマミィの日記だべ。

(c) kihiro

着グルマー★点取り占い
双子ママ点取り占い
双子点取り反面コラボ
日田んもん点取り占い
最近の記事
最近のコメント

月別アーカイブ
カテゴリー

リンク
今日のひとコマ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。